大学のSPI対策講座の特徴と受講すべき学生

2021年08月06日

 

就職活動時に応募者の基礎能力を測定するSPI試験ですが、実に94%の企業がSPI試験を導入しているといわれています。

 

就職を希望する大学生にとっては切り離せない存在で、内定を手に入れるためにもしっかりとSPI対策を行わなければいけません。

 

今日は、大学内で実施されるSPI試験の対策講座についてです。

 

【新卒採用時にはもはや当たり前になっているSPI試験】

国内にある企業の9割以上がこのSPI試験を適性検査として導入しており、いかにそのシェア率が高いかがわかると思います。

 

年間12,600社、200万人の受験者数を誇るSPI試験は、大企業をはじめ中小企業など規模の小さい企業でも導入されている人気No. 1の適性検査です。

 

大学生になるとよく「SPI試験」という言葉を耳にし、特に就職活動を控える3年生以降になると毎日のように話題になるかもしれません。

 

そんなSPI試験ですが、内容自体はそこまで難しいものではありませんがしっかり対策を行わないと通過できません。

 

【大学のSPI対策講座を活用しよう】

大学には各種様々な資格や検定の対策授業が用意されています。

 

例えば、TOEICや簿記、色彩検定などいろんな種類がありその中に今回取り上げるSPI対策講座というのもあります。

 

≪格安で受講可能≫

 

 

大学で実施されるSPI対策講座というのは、主に格安で実施されその大学生なら誰でも参加可能です。お金のない大学生には嬉しい制度です。

 

各大学によって講座の詳細は異なるので気になる方は各自チェックしてみましょう。

 

≪効率的に学習できる≫

 

SPI試験の内容自体はそこまで難易度は高くはないとはいえ、独学で行うのは時に大変なものです。

 

大学で実施されるSPI対策講座であればその講座の担当が丁寧に教えてくれるので「わかりやすさ」が独学とは桁違いでしょう。

 

学生の理解度をアップさせるためのプログラムが組み込まれており効率的に学習できます。

 

≪大学内で受講可能≫

 

現在は新型コロナウイルスの影響もありオンラインでの受講を実施する大学もあるかもしれませんが、基本的には対面での授業になりキャンパス内で受講可能です。

 

学外に移動することなく大学の中で受講できるのは非常に便利です。

 

【大学のSPI対策講座を受講すべき学生】

では特にどのような学生にSPI対策講座はおすすめなのでしょうか。

 

≪就職活動を控える大学生全般≫

 

正直な意見を言ってしまえば、大学生全員受講をした方がいいと思います。

 

特に就職を控える大学生は先に述べた通り多くの企業でSPI試験が導入されているので、いずれ対策は行わなければいけません。

 

独学でも問題ないという学生以外はなるべく受講を検討したいものです。

 

≪独学できない≫

 

あとはやはり独学ではどうしても勉強できないという学生は受講をおすすめします。

 

一人で勉強するのは時に大変なのでプロの指導を受けましょう。

 

【まとめ】

いかがでしたか?今日は、大学が実施するSPI対策講座についてでした。

 

中小企業を含めたくさんの企業がSPI試験を導入しています。就職活動を控える大学生にとっては避けられないものなのでしっかり対策を行い後悔のない結果を手にしたいものです。

 

大学のSPI対策講座について何か不明な点があれば、各自大学まで質問してみましょう。