猫の手ゼミナール執筆の書籍が出版されました! 詳細はこちら

文系大学生の就活

 

目次

文系は就活に不利?

 

生きていくためにはお金が必要になります。

 

お金を稼ぐためには、一般的にほとんどの人が働くという手段を選びます。

 

仕事をするためには、働きたいと思う企業を探し出して応募する必要がありますが、しかし、必ずしも働きたいと思っている職場を見つけることができるとは限りません。

 

というのも、自分の魅力をしっかりと相手に伝えることができなければ、企業に採用されないからです。

 

しばしば文系は、理系の人に比べると就活において不利だと考えられがちです。

 

しかし、本当に文系は就活に不利なのでしょうか。

 

例えば、理系の学生たちは、大学で培った確かな技術を買われて採用されるという事実があるかもしれません。

 

しかし、そうした技術がないからといって文系は就活に不利であると結論づけてしまうことは、やや早計に過ぎるのではないでしょうか。

 

文系大学生のスキル

 

現在、文系大学院生の就活は注目を浴びていると言われています。

 

というのは、文系大学院生の就活には、良い点があるからなのです。

 

文系大学院生たちは、理系の学生のように就職した時点ではある一定の技術を持っていないかもしれません。

 

しかし、文系大学院生の多くは、書くことに慣れていたり論理的に自己表現をすることを得意にしています。

 

こうした、論理的な自己表現の方法というのも、社会人にとっては重要なスキルのひとつです。

 

また、会社に入れば(業種によりますが)膨大な書類を作成する環境が待っています。

 

そうした時に、「文章を書く」というスキルがあることは、大きな武器の一つになり得るでしょう。

 

就活とは、自分という人間を相手によく知ってもらい、その持てる能力を評価してもらうことが成功のカギとなります。

 

つまり、文系の学生が就活を成功させるためには、自分にしかできないことをわかりやすくアピールできるような、オリジナルのストーリーを語れるようになることが近道であると考えられます。

 

 

困った時の相談窓口

 

こうしたオリジナルのストーリーを作り上げるためには、批評的な視点を持つことが欠かせません。

 

しかし、時には自分を批判的に見るあまり、逆に自分に自信が持てなくなるということも。

 

そのような場合には、ひとりで悩まず、就活の相談窓口を利用するようにすると良いでしょう。

 

就活の相談窓口では、就活を成功させたいと思っている学生の援助を行なっています。

 

例えば、就活に必須の履歴書や志望動機の書き方をしっかりと教えてもらうことも可能です。

 

こうした書類は特に重要なものですから、取り組む中でも悩みが出やすい部分です。

 

重要な書類を丁寧に仕上げるためにも、就活の相談窓口を利用することには十分価値があると言えるでしょう。

 

就活の相談窓口を利用して、就職活動を成功させているという学生も少なくありません。

 

まとめ

 

文系大学院生の就活において気をつけておきたいことのひとつに、面接などに際して学校で学んだことばかりをアピールしないということが挙げられます。

 

確かに研究をした内容を把握しておくことは必須なのですが、自分が大学で学んだことが仕事をする上でどのように役立つのかを、相手の企業に伝えることが重要です。

 

そのためには、論理的に相手を説得する必要が出てきます。

 

感情に訴えるよりも、事前に周到に準備して論理的に物事を伝えなければならないのです。

 

文系の学生であれば、そうした「論理的に物事を表現する」ことに長けている人が多いですから、その意味でも文系が就職に不利とは一概には言えないということがおわかりいただけると思います。

 

逆に、論理的に物事をまとめることがあまり得意ではないという人や、不慣れであるという人は、弱点を克服するべくしっかりと準備を進めておくと良いでしょう。

 

必要であれば、プロの就活の相談窓口を通じて相談をすることも可能です。

 

就職を成功させるためには、このように自分自身の得意不得意をしっかりと把握し、弱点や悩みについては様々な方法を利用していくということが重要だと言えます。

無料相談実施中

\無料相談実施中! /

お探しの記事を検索する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次