レポートを書く際の注意事項

2019年05月28日

 

前回は、レポートの基本的な書き方についてまとめました。

 

今回は、実際に執筆する際の細かい注意事項や守るべきルールについてです。

 

ただし、これからご紹介するのは一般的なルールです。

 

先生や授業ごとに個別にルールが設定されている場合がありますので、そういう場合には指導する先生の指示を最優先にしてそのルールに従うようにしてください。

 

体裁について

 

レポートには表紙をつけましょう。

 

表紙には、「科目名」(「担当教員の氏名」)「レポートのタイトル」「学部・学科」「学年」「学籍番号」「氏名」を書きます。

 

表紙の紙は大学指定のものがあればそれを、なければレポートと同じ用紙で構いません。

 

ただし、先生によっては表紙をつけないように指示されることもあるので、その場合はそれに従いましょう。

 

レポートの用紙は一般的にA4サイズを使用します。

 

1ページの文字数と行数は40字×40行が標準ですが、これは見やすい文字数と行数を工夫して構いません。

 

上下左右には適当な余白(だいたい20ミリぐらい)を設けるようにしましょう。

 

そして、フッター(ページ下部)にはページ番号を記載します。

 

これは、仮に用紙がバラバラになってしまった時でも、何ページ目かがわかるようにするため。

 

そして、すべての紙はまとめてホチキスどめするようにしましょう。

 

手書きの場合もこれに準じて書けばいいのですが、必ず鉛筆ではなく黒いペンかボールペンが書くこと。

 

これはレポートだけではなく今後様々な場面でも同様で、「正式な文書に鉛筆はNG」と覚えておいてください。

 

引用の方法・その1

 

参考文献や資料から文章を引用する場合、2つのやり方があります。

 

まずは、3行以内の引用の場合は、引用する文を「 」でくくり、その後に「著者名」「引用元の文献の出版年」「ページ番号」を( )に入れて記します。

 

 

 これについて鈴木一朗は「×××は〜である」(鈴木、2015年、p.145)と述べている。

 

 

このようになります。

 

( )内の頁番号は省いても構いません。

 

重要なのは、レポート全体を通じて、共通の書式で引用文献が示されていることです。

 

引用の方法・その2

 

3行以上の長い文章を引用する場合には、段落を変えて、文字を3文字分下げて書くのが一般的です。

 

 

 この問題について、鈴木一郎は以下のように述べている。

 

    2014年に行ったアンケートによると、結果は以下のように分類できる。

 

    第一に、××は根本的に〜という要素が見られる。第二に、△△につい

 

    ては〜という条件の元のみ発生する。1)

 

 

最後の 1) は脚注番号で、本文の後ろに「注」として番号ごとに引用元の文献とページ番号を記します。

 

 

参考文献の書き方

 

本文で引用した文献のほか、執筆に際して参考にした文献や資料も、まとめてレポートの末尾に「参考文献」として記します。

 

以下に、一般的な書式について示します。

 

●単行本の場合

 

著者名、『タイトル』、出版社、出版年。

 

●雑誌論文などの場合

 

著者名、「論文タイトル」、『雑誌名』、巻号、出版年、該当ページ。

 

●WEBページやWEBサイトの場合

 

著者名.“WEBページの題名”.WEBサイトの名称.(媒体表示).入手先のURL,(入手年月日).

 

ここで挙げたのはあくまでも一例です。

 

参考文献の書き方については、まず担当の先生にルールがあるかをたずねてみると良いでしょう。

 

個別のルールはないが大学全体で決めているルールがあればそれに従います。

 

何もなければ、上記の例を参考にしたりしながら自分でルールを決めてください。

 

重要なのは、一つのレポートの中で書式のルールを統一すること。

 

そのためにも、ルールを紙などにメモして、執筆の際にはそれを見ながら書くと良いでしょう。

 

まとめ

 

レポートは大学に提出する公式な文書である、という意識を持ち、決まったルール・書式に沿って仕上げることが重要です。

 

その際、特に決められたルールがない場合には、一般的な決まりに従うことになりますが、他人が読むものだということを忘れずに、読みやすくまとめるようにしましょう。