本場の英語を学ぶには、どんな方法があるの?

2019年08月05日

 

将来は外資系の会社で働きたい、英語力を活かした仕事をしたい、グローバルな環境に身を置きたい・・・など、仕事で英語力を発揮したいという人や

 

海外旅行に行った時に英語が話せるようになりたい、大学生のうちに留学してみたい、将来は海外に住みたい・・・など、プライベートの充実のために英語を学びたいという人も中にはいるでしょう。

 

今回は、本場の英語を学べる場所や方法、それぞれのメリット・デメリットについてご紹介します。

 

交換留学

 

学生のうちに英語を学ぶと考えた時、最初に思い浮かぶのは「留学」ではないでしょうか。

 

大学によっては外国に提携校が存在し、「交換留学」という形で留学できる場合もあります。

 

「交換留学」というのは、大学生だからこそできる留学の形とも言えるでしょう。

 

メリット

 

留学先が自分が通っている大学の提携校であれば、「休学」という形にはなりません。

 

留学先の大学で単位を取得すれば、日本にいるのと同じように4年間で卒業することができます。

 

同学年と同じタイミングで卒業できるのは、大きなメリットと言えるでしょう。

 

また、留学先では「英語を学ぶ」のではなく、自分が専攻している分野を「英語で学ぶ」ことになります。

 

一緒に学ぶのは同じ分野を専攻している外国の大学生なので、日本人が持つ視点とは違った視点で物事を考えることができ、日本で学ぶよりも視野を広げることができるかもしれません。

 

デメリット

 

一方、希望を出せば必ず留学できるというわけではありません。

 

通常は、大学内での選考があります。

 

選考では、TOEICやTOEFLの点数が基準に満たしているか審査されたり、英語での面接を受けたりします。

 

留学できる定員が決まっている場合には、自分より英語力が高い人が選ばれるでしょう。

 

また、いくら自分が専攻している分野とはいえ、留学先の大学での授業は全て英語で行われるため、日本よりも単位を取得するのは難しいことが予想されます。

 

 

語学学校

 

語学学校は、外国にある英語を学べる学校です。

 

講師はネイティブの人ですが、生徒は出身が英語圏以外の人というのが特徴です。

 

メリット

 

語学学校は、通常、入学時にテストを受けますが、これは「入学できるかどうか」のテストではなく、「レベル別にクラス分けするため」のテストです。

 

そのため、入学後は自分のレベルに合ったクラスで授業を受けることができます。

 

また、他の人も英語圏以外の国からやってきている、いわば「同じ目的を持った人」なので、馴染みやすいのではないでしょうか。

 

デメリット

 

語学学校は、基本的にはネイティブの英語を話せるのは講師しかいません。

 

そのため、英語を話している人達の中で生活する、というようなイメージで行くと、想像とは違った・・・と思うことになるかもしれません。

 

また、日本人が多い学校だと、結局日本語で会話をしてしまうことにもなりかねません。

 

自分から積極的に学びに行く姿勢が大切になってきます。

 

 

 

 

ワーキングホリデー

 

ワーキングホリデーとは、18歳から30歳までの間に使えるビザのことです。

 

日本と提携している国に長期滞在し、就労しながら生活することが認められる制度です。

 

日本でアルバイトをするのと同様に、現地のレストランやホテルなどで働くことができます。

 

メリット

 

留学などとは違い、実際に社会に出て働くことができるというのは、貴重な体験です。

 

将来、英語を使う仕事に就きたいと思っている人にとっては、またとない機会でしょう。

 

就業先や就業期間も自分で決めることができるため、主体的に仕事に取り組むことができます。

 

また、出会う人達も学生だけではないので、交流の幅も広がります。

 

デメリット

 

実際の社会に出て働くので、高い語学力が要求されます。

 

ある程度語学力がないと、就業先も限定されてしまうでしょう。

 

また、働くということは社会人と同等に扱われるので、学生気分でいるのではなく、「全て自分で何とかする」という意識がなければいけません。

 

自由度が高い反面、責任が伴うということです。

 

目的を明確に持っている人にとっては、大きく成長できる場になるでしょう。