大学数学の問題集は有効か【お金をかけない勉強法も】

2021年08月16日

 

数ある大学の授業の中でも「難しい」とされる大学数学ですが、あなたはしっかりついていけていますか?

 

なるべく授業に遅れを取らないため、期末テストで良い成績をおさめるため、大学数学の問題集を活用しようと検討している又はすでに使っているという学生もいるかもしれません。

 

今日は、そんな大学数学の問題集は有効か、そしてお金をかけないおすすめの勉強法も解説します。

 

【一筋縄ではいかない大学数学の難しさ】

大学生の中でも文系学生よりも理系学生の方が一般的には留年率は高い傾向にあります。

 

その中でも理学部などにある数学科は留年率の高い学科として知られており、この大学数学の難しさに頭を抱える学生も少なくありません。

 

大学の数学科やそれ以外の学科でも数学を学ぶ機会があり、高校までは数学を得意としていた人であっても「何をやっているのかわからない」大学数学には苦手意識を感じてしまうことがあります。

 

例えばですが、高校数学では積分は1変数のものが主流で面積などとして視覚的に捉えることが可能だったのに対して、大学数学では積分は2変数、3変数、場合によってはそれ以上の多変数の積分も出てきます。

 

こうなると視覚的にイメージすることは困難で、出てくる概念自体が非常に複雑なのが大学数学の特徴でもあります。

 

【大学数学の問題集は有効か】

わかりやすくいうと大学数学の授業は学生に理解させることを一番に考えているというよりは数学者的観点からどんどん先に進んでいくというイメージなので、高校までの「解法に特化した」授業を期待しているとそのギャップに疑問を抱くかもしれません。

 

では、どのように大学数学を勉強していけばいいのでしょうか。

 

そこで挙げられるものの1つに問題集があります。難しいイメージしにくい大学数学の概念をわかりやすくまとめた参考書や問題集を使えば数学への理解度が向上するでしょう。

 

果たしてどんな問題集がいいのでしょうか。

 

≪有名でわかりやすいレイアウトのものを選ぼう≫

 

大学数学の学習用の問題集は数多くあります。その中でも、やはりおすすめしたいのはある程度知名度があり「読みやすい」ものです。

 

先に述べたように大学数学はイメージしにくく理解しにくいので、問題集に求めることはそのわかりやすさです。

 

語り口調で書かれていたり理解しやすいものをチョイしてください。ネットで問題集の口コミ評価などを事前に調べておくのもいいでしょう。

 

【お金をかけない大学数学の勉強法】

 

 

問題集を購入しようと思うと当然その費用がかかります。1冊そこまで高くないとはいえ、お金のない大学生にとったら大きな出費になるかもしれません。

 

でも今は非常にいい時代です。インターネットを使って大学数学を無料で学習できます。その中でも特におすすめしたいのがYouTubeの活用で、視覚的にわかりやすい講義を展開しているチャンネルや動画が数多くあるのでぜひ参考にしてみてください。

 

パソコンを持っていないという学生でもスマートフォンは誰でも一台持っているはずなので、スマートフォンアプリを使って大学数学の学習に役立ててみましょう。

 

いかがでしたか?今日は大学数学の問題集は有効なのか、そしてお金をかけないYouTubeという勉強法について解説しました。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。