猫の手ゼミナール執筆の書籍が出版されました! 詳細はこちら

英語を効率的に学ぶための4ステップ

 

目次

英語を話すことに慣れる

 

英語は言葉なので、まずはひたすら話すという事をするようにします。

 

その時に大切なのは相手に伝わってるのかどうかを目を見て確認をするという事であって講義を受講するという事は必要ありません。

 

聞くことは話すと相手が反応してしゃべるときに使うだけで、まず言葉を理解して会話が成立するという事をするようにします。

 

英語学習の学習という事をまず頭から無くしてしまうようにしましょう。

 

習うより慣れよというのは語学の習得において絶対的に言えることで、習って語学が習得できるような事は一切ないと考えて良いでしょう。

 

理由はただ一つで、習っても使わなければ習得は出来ないからです。

 

語学は覚えるモノではなく使うものだという事を考えると分かりやすいかもしれません。

 

実際に話して相手の反応を見て、それで正しいかどうかを判断するわけです。

 

ここでテスト成績は一切関係ありません。

 

資格なども一切関係ありません。

 

とにかく人と話をすることが一番の英語学習になるという事を理解するようにしましょう。

 

英語のコミュニケーションに慣れる

 

話す事が出来るようになると、聞くことも出来るようになるはずです。

 

聞くという事はある意味では理解をするという事になるのかもしれません。

 

この時には全ての事が分かるという事でなくても構いません。

 

聞いて理解できる、理解できないの判断をすることが出来ればいいわけです。

 

そして理解できないところは聞き返す問う事をすればいいわけで、言葉の意味が理解できなかったから、この言葉の意味を説明してください、発音が聞き取れなかったので、ゆっくり話してくださいというように言えればいいわけです。

 

最も良くないのが、全く意味が分からないので、笑顔でそのまま放置するというケースです。

 

こうすると聞いている意味もありませんから、分からない事を言葉にして聞き直すという事をするようにしましょう。

 

最初の段階では、言葉ではなく身振りでも可もいません。

 

とにかく相手の言葉を聞いて自分なりの反応をしてそれを相手に理解してもらうという事が出来るようにするのがポイントです。

 

 

言葉の意味を理解する

 

言葉の意味を理解するようにしましょう。

 

最初は聞くだけでなにがどういう意味を持っているのか分からなくてもいいのですが、次の段階ではその言葉の意味を理解するという事をするようにします。

 

ですから、最初は意味が理解できなくてもいいと記したわけです。

 

この時には書くという事をしても良いでしょう。

 

スペルが分かるようになると、言葉の意味がすんなりと分かってくるようになります。

 

またスペルが分からない時には絵でも構いません。

 

むしろ絵の方がイメージとして自分の頭の中に入ってくるので良いといっても良いぐらいです。

 

これまでの日本の英語学習の失敗は単語にこだわりすぎたという事があります。

 

一文字でも間違えたらだめでゼロ点という事をしたので、全く意味のない事をしていたわけです。

 

別にスペルが一文字違おうが、何文字違おうが相手に伝わればそれで問題はありません。

 

語学は相手に情報を伝えることが最も大切なわけですから、別にスペルで覚える必要もないので、イラストで覚えてもいいのです。

 

文法を学び、会話の幅を広げる

 

最終的には文法なども覚えるようにするという事をします。

 

これは最終段階だという事を考えると良いでしょう。

 

日本語で言うと国語の授業のようなものです。

 

国語をならうと、それまでに習得した言葉をより正しく、より広範囲に使う事が出来るようになります。

 

英語も同様で文法が分かると様々な事に活用することが出来るようになるという事が分かります。

 

一例を挙げると過去形というものが分かれば、これが未来を表現するという事にも使えるという事が分かります。

 

そうすると会話の幅が広がるという事も理解できるでしょう。

 

このように文法というのは言葉の使い方を理解することで、より多くの事を表現することが出来るというものであって、正しい、正しくないという事を決定するような事ではないという事を理解するところがポイントです。

 

よく文法が難しいというような事を言われることがありますが、それは間違って文法を教えられたからだという事が言えるのかもしれません。

お探しの記事を検索する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次