英会話力をあげる4つのポイント

2018年07月30日

 

英語学習の目的を考える

一般的な日本人は英語という科目を中学生から始めて、高校、大学と実に10年間も学んでいるのに、いざ社会へ出て英語圏の外国人と話をするときに会話すらできないという事態が起こります。

 

これは学校で学ぶ、いわゆる受験英語の弊害です。

 

何も教科書にある英語を正しく読んで、それを書けるようになるだけの学習方法では、いつまでたっても使える英語と言うものは身に付けることができません。

使える英語を学ぶためにはいくつかのポイントがあります。

 

その一つが英語を学ぶ最大の目的は何かということ。

 

自分はいったい何のために英語を学ぶのか、それを使って何がしたいのいか、その目的をはっきりとさせておくことが必要です。

 

たったそれだけで英語を学ぶ姿勢ができあがり、学習方法もは大きく変わってくるでしょう。

その目的はどんなものでもいいでしょう。

 

人に言ったら笑われそうなことでもいい。

 

例えば、自分の好きな趣味の話を外国人としたい、外国人の恋人が欲しいなど、どんなものでも良いのです。

 

人にはくだらないことでも、自分にとっては大切なことなのですから、それを最後まで貫く気持ちが大切です。

 

また、目的を叶える為にはどんなフレーズを覚えたら良いかなど、学習に具体性がでてきます。

 

 

なるべくネイティブな英語に触れる

英語学習の自分なりの目的が定まったら、今度はどうやってそれを学習すべきかを考えることが必要です。

 

これはいろいろと方法があって、いったい何をやればいいのかが分からないという人もいます。

 

ちょっとお金が必要になりますが、今は英会話スクールなどもそこら中にありますから、そこでネイティブスピーカーに会話を習うという方法もある。

それからインターネットを使っての学習方法も今では一般的です。

 

語学学習というものは、できれば1対1のマンツーマンレッスンが最良ですから、ウェブ英会話などで講師と差し向いで勉強することができればベスト。

 

町にある英会話スクールでこうしたマンツーマンレッスンを受けるとなれば、けっこうなレッスン代が必要になってしまいます。

英語学習の基本は読んで聞いて、そして話すこと。

 

どんなことでもこの3点ができていれば、効果的な学習が期待できます。

 

AFNなどのラジオ番組を日ごろから耳にすることもいいのではないでしょうか。

 

ここで大切なことは聞いても分からない場合でも、諦めずに聞き流すことです。

 

 

 

ネイティブな英語を求めて行動する

ネイティブスピーカーほど話せないにしろ、ある程度の英語をマスターするには、やはり生きた英語に接することが必要です。

 

身近に英語圏の外国の方がいればいいわけですが、こうした環境はなかなか手にすることはできません。

 

前述したように英会話スクールに通うか、大学の外国人英語講師に習うなどの手段の他、留学という手段もあります。

 

しかし、語学留学で人気のアメリカやイギリス、カナダ、それにオーストラリアなどへの留学はコストが高くついてしまいます。

 

そんな中でフィリピンへの留学はコストも低く抑えることが可能で、今はかなり人気です。

 

また、この国で学べる英語は、世界的に見てもトップレベルと言えます。

あとは外国人がいそうな観光スポットへ行って、自分から英語で話しかけてみるという手段もあります。

 

これは少し強引で敬遠される方も多いですが、実際にそうやって使える英語を身に付けた小学生もいます。

 

やる気と勇気をもって、1歩踏み出してみると、新しい世界が広がっていくでしょう。

 

流暢でなくてもコミュニケーションはとれる

どうしても英語を勉強していれば語学と捉えてしまうことがあります。

 

だから難しく考えるわけです。

 

しかし、語学というものの基本を考えてみれば、これはコミュニケーションをとるための一つの手段であるということに気付くはず。

 

英語が分からなくても、身振り手振りでコミュニケーションをとることも可能となるわけです。


英語学習として大切なことは、外国語を母国語のようにするということが最終的な目的ではなく、あくまでも一つのコミュニケーションツールなのだと理解することも大事です。

 

こう考えればいくらか気も楽になるのではないでしょうか。

 

確かにどうせやるのであれば、ネイティブスピーカーのような流暢な英語を話したいと思う気持ちは分かりますが、そこまで完璧なものを求めれば、何かの壁にぶつかってしまったときに脆くも崩れてしまうこともあります。

ですからどんな小さなことでも、その英語が分かったと思うときには自分を誉めてあげることも必要なのではないでしょうか。

 

たとえばAFNでの英語のワンフレーズが理解できたということも大きな進歩なのですから。

 

英会話が得意な方に話を聞くと、覚えたフレーズが相手に伝わる瞬間が面白く、面白いからもっと覚えるようになり、それが少しずつ増えていって会話ができるようになったそうです。