猫の手ゼミナール執筆の書籍が出版されました! 詳細はこちら

なぜA4用紙?大学レポートとA4用紙の関係性

 

大学生でレポート提出をしたことがある人ならわかると思いますが、レポート作成では基本的にA4用紙が使われます。

 

これは学生でも社会人になっても同じで、レポート作成=A4用紙が一般的なのです。でもそもそもなぜA4用紙なのでしょうか、それにはどんな理由があるのでしょうか。

 

今回は、そんなA4用紙とレポート作成について紹介します。

 

目次

【そもそもA4用紙とは?】

大学のレポートではA4用紙を指定されることが多いですが、仮に指定がなくてもA4用紙を選んでおけば問題ありません。

 

A4用紙は、日本国内で最も主流のサイズでレポート提出をはじめ大学のルーズリーフやノートでも使われています。

 

大きさは横210mm×縦297mmで、このA4サイズを半分にするとみんなが知っている「A5サイズ」になります。

 

ちなみに、小学生のランドセルや本棚なんかもこのA4を意識して作られているのです。A4の「A」やB5の「B」というのは規格のことでA判規格は国際規格、B判規格は国内規格になります。

 

国内の学校では日本独自のB判サイズを使うこともありますが、世界的に見ると圧倒的にA判サイズの方が主流なのです。

 

≪A4用紙に入る文字数≫

 

A4用紙でレポートなどを作成する場合、文字フォントは10,5に設定するのが一般的です。

 

横書き余白標準設定で用紙1枚には最大1800文字入るとされています。ただ、これだけ入れるとぎゅうぎゅう詰めになってレポートとしては見にくいので、適当な文字数ではありません。

 

あくまでも、A4用紙に何文字入るかということです。

 

【大学レポートで求められること】

 

 

大学のレポート作成で大切なのは、見やすく簡潔にまとめることです。

 

そのために、文章だけでなく画像やグラフ、表などを必要に応じて入れたり、表紙をつけるのもいいです。適度に改行を入れて見やすくするのも工夫の1つです。

 

そのため、もしレポート提出に用紙や文字数が指定されていなければA4用紙に画像やグラフなどを含めて1500~1600文字/用紙くらいで書くといいでしょう。

 

表紙を入れて全部で3~4枚程度になると思います。これはパソコンでの作成ですが、手書きでやる場合は少し異なります。

 

書く文字サイズによって異なりますが、用紙1枚に1000文字程度で書くようにすると見やすくなります。

 

その際、きれいな字を書けたらいいですが得意でない人は『読みやすい文字』を意識して書いてください。

 

見にくい文字だと読者はそれだけで読む気を失います。

 

【まとめ】

いかがでしたか?今回は、普段あまり考えることのないレポートの用紙についてでした。

 

新入生などレポート作成に手を焼く学生も多いかもしれませんが、序論・本論・結論などレポートにはレポートの書き方があります。

 

書いていくうちに学べますが、独学でレポート作成について勉強するのも大学生活、社会人になってからも役に立つのでいいと思います。

 

当サイトでは、レポートの書き方などレポート作成にまつわることを日々発信しているので、ぜひ参考にしてください。

無料相談実施中

\無料相談実施中! /

お探しの記事を検索する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学生の単位取得をサポートするための個別指導を提供しています。

大学や生徒のレベルに合わせたカスタマイズされた学習プランで、単位取得を効果的にサポートします。

生徒とのコミュニケーションを大切にし、彼らの学習の進度や状況を把握することで、適切なサポートを提供できるよう努めています。

目次