猫の手ゼミナール執筆の書籍が出版されました! 詳細はこちら

大学生にオススメのGWの過ごし方

 

来月は、待ちに待ったゴールデンウィークです。

 

2019年の今年は、4/27~5/6が休日になるので、一般的なGWはなんと10連休。

 

来年度からは通常通りのGWになることが予想されるので、長い休みになる今年に思う存分楽しみましょう。

 

目次

【2019年のGWの詳細】

5/1が祝日になるのは2019年だけで、今後これほどの休みが重なることはしばらくないでしょう。

 

来年からは、4/30~5/2はまた平日になる見込みなので、今年2019年はかなりラッキーなのです。

 

毎年、何となくGWを過ごしていますが、各祝日の意味についてちゃんと知っていますか。

 

まず、4/29の昭和の日は、昭和天皇の誕生日で2007年に制定されました。5/3の憲法記念日は憲法が制定されたのを記念する祝日で、5/4のみどりの日は自然に感謝し豊かな心を育むための祝日です。

 

そして、5/5はこどもの日で、こどもの幸福を図るための祝日で1948年に制定されました。

 

今年のGWは休みが長くなるので、サービス業などの人は逆に忙しくなるかもしれませんが、大学生の皆さんは休みが長くなるので、すでに旅行などの計画を立てている人もいるかもしれません。

 

【学生にオススメのGWの過ごし方】

ここで紹介するのは、世間一般的な過ごし方ではなくGWに行っても(やっても)混雑していない場所をピックアップしました。

 

せっかくの休みに人混みの中にいても逆に疲れるだけです。

 

≪その1:自宅で過ごす≫

 

これまで観たかった映画やドラマを一気に観たり、勉強したり、家でエクササイズをしてもいいです。

 

自宅なら休みでも混雑することはありませんし、外の空気を吸いたくなったら家の周りを散歩したり、コンビニやスーパーに行くのもいいでしょう。

 

また、GWは時間があるので女子学生など料理が好きな人は何か新しい料理に挑戦してみるのもいいかもしれません。

 

自宅ならテレビもパソコンも食べ物も何でも揃っているので非常に便利です。

 

≪その2:観光地じゃない自然豊かな場所に行く≫

 

普段ずっと都会で暮らしている人だと電車や施設の人混みなど、何かと疲れます。でも、GWに有名な観光地などに行くとたくさんの人がおり、かえって疲れます。

 

そこで、観光地は外してあまり人気のない自然豊かな場所でのんびり時間を過ごすのがいいです。

 

東京や大阪など大都会に住んでいる人だと自然豊かな場所まで少し遠いかもしれませんが、電車に乗ればどこにでも行けます。

 

本格的に遠く離れた場所に行きたいという人は、JRの在来線が乗り放題の「青春18きっぷ」を利用するのも1つの方法です。

 

一人でもいいですし、友人らと一緒に旅に出かけるのも青春っぽくていいと思います。

 

≪その3:立ち読みができる本屋に行く≫

 

本が好きな人や勉強したい人にオススメなのが、立ち読みできる本屋です。

 

ただの立ち読みだけじゃなくスターバックスとTSUTAYAが一体になっているような座って本を読める場所が理想です。

 

カフェがなくても本屋によっては椅子が用意されているところもあるので、オススメです。

 

ただ、椅子やテーブルがあるからと混雑する時間帯にずっと座っていると他の人の迷惑になるので、そこは気をつけてください。

 

あと、店側の立ち読みルールやスタンスなどもちゃんと把握して迷惑にならないようにしたいです。

 

≪その4:バーベキューをする≫

 

 

大学の友人らと居酒屋などに行くと、書きたかったのですがおそらくGWはどこも混んでいるのでバーベキューがベターです。

 

ただ、バーベキューも人気BBQエリアなどだとかなり混雑するので、自然が豊かなのんびりできる場所がオススメです。

 

最近は、バーベキューセットも格安でレンタルできるので、大学生でも手軽にバーベキューを楽しめます。

 

20歳以上の学生ならお酒を飲みながらみんなで楽しい時間を過ごせられます。

 

【まとめ】

いかがでしたか?今回は、学生にオススメしたいGWの過ごし方についてでした。

 

休みが多い今年のGW、最高の思い出を作ってください。

無料相談実施中

\無料相談実施中! /

お探しの記事を検索する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学生の単位取得をサポートするための個別指導を提供しています。

大学や生徒のレベルに合わせたカスタマイズされた学習プランで、単位取得を効果的にサポートします。

生徒とのコミュニケーションを大切にし、彼らの学習の進度や状況を把握することで、適切なサポートを提供できるよう努めています。

目次