猫の手ゼミナール執筆の書籍が出版されました! 詳細はこちら

大学生の単位(基礎編)

 

目次

大学生と単位

大学生が生活を送るうえで、大切になってくるのは単位をとれるかいないか、というところです。

 

大学生の時代というのは「人生の夏休み」と呼ばれることもあるような余暇時間の多さが注目されるポイントではあります。その時間に自分のやりたいことを見つける、またはそのための準備をする、というのはとても大事なことになります。

 

しかし、その本質はやはり学校であるので、学ぶところにあります。その学びもまた、自分の未来につながるので、その時間を大事にすることは非常に大切なことであるでしょう。 

 

楽単という存在

ただし、大学を卒業するためには必要単位数というものがあり、必ずしも自分が学びたかったことだけを学ぶだけでは卒業することはできないのが事実です。

 

どの学科に入ってもどうしても言語や教養に関する科目を勉強しなくてはならない場合が出てきます。

 

 そんなときに大切になってくるのが、手軽に単位を取ることができる講義、「楽単」というものが大切になってきます。

 

言葉の音としては単位を落とす「落単」と同じなのですが、その意味は全く逆です。「楽単」といわれる講義は、いろいろなタイプのものがあります。

 

楽な単位評価の例~出席点重視~

通常の講義の場合は、講義を受けて単位を取る際には出席で点数が加算されていく出席点と、テストやレポートで課される点の二つで点数が決定されます。

 

出席を取るときにも、点呼を取るだけで終わるものと、感想や質問などをシートに書いて提出するものがあります。

 

そのような形が一般的な講義なのですが、楽だといわれるものの場合には、そのどちらかだけで単位を獲得することができる講義のことを指す場合が多いでしょう。

 

出席だけで単位を取ることができる講義は、その最たる例でしょう。

 

出席してある程度の感想を書いているだけで単位を取ることができる講義などは楽だといわれることが多いでしょう。 

 

楽な単位評価の例~レポートやテスト100%~

また、テストがなく、1000~2000字程度のレポートを書くことで単位を取ることができる講義も楽であるといわれることが多いでしょう。

 

レポートはテストのように事前に勉強する必要がないからです。

 

あるにしてもそのテストが簡単なものであったり、授業で配られる資料やノートを持ち込むことができたりする場合にも楽であるといわれる場合があります。

 

その、授業で配られる資料は「レジュメ」と呼ばれ、大学生活のなかではそのレジュメをどうやって手に入れるかが大切になってきます。

 

その講義を受けている友人と交代でレジュメを取るために出席する、ということも行われる場合があるようです。

 

どの様な単位が比較的、取れそうかは貴方の性格や初期学力によって変化しますので慎重に見極めて下さい。

 

無料相談実施中

\無料相談実施中! /

お探しの記事を検索する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学生の単位取得をサポートするための個別指導を提供しています。

大学や生徒のレベルに合わせたカスタマイズされた学習プランで、単位取得を効果的にサポートします。

生徒とのコミュニケーションを大切にし、彼らの学習の進度や状況を把握することで、適切なサポートを提供できるよう努めています。

目次