単位が足りなくて留年したら?

2018年04月20日

 

 

【留年が決まるとどうなるのか?】

 

単位不足による留年が決まると、どうなってしまうかはご存じでしょうか?

 

単位不足による留年は、前学期分でまかなえる場合は前学期分のみの大学生活となりますが大幅に足りていない場合はそのまま数年間大学に残って単位を取る必要があります。

 

本来ならば卒業に必要な単位というのがとれていなかったために、そんな大幅な時間を損するというのはもったいないですよね。

 

 

【留年中の学費】

 

また留年をして、改めて同じ学年を受け直すとは言っても学費が変わる学校も存在します。

 

大学ごとの留年の学費の違いというものは存在していて、一度払って貰っているからと言う意味合いを込めて少しばかりやすくしてくれる良心的な大学もあれば、より厳しく堕落しないようにするために通常通り、それか一般学生よりも多く取る大学も存在します。

 

大学の学費というのは決して安いものではありませんし、就職先が定かではないのであれば無駄な出費となってしまう嘆かわしい問題です。

 

大きくは3つのパターンがあります。

 

(1)卒業に必要な単位分の学費を追加で支払うパターン

(2)半学期分の学費を支払うパターン

(3)1年間の正規の学費を支払うパターン

 

自分の大学がどれに該当するかは必ず確認しましょう。

 

 

【就職と留年について】

 

また、留年をして前学期分で単位を取り終えた場合、後学期は休学すべきかと言う問題もあります。

 

基本的に前学期で取り終わったのであれば後学期にまで無理して大学に通う必要はありませんが、卒業のための卒業研究や卒業論文を改めて書かなければいけないといった制度を利用している大学の場合は後学期もその授業を取らなければなりません。

 

前学期で単位を取り終わった大多数の方は、後学期は早々に就職活動を始め、遅れを取り戻そうと奔走しているようです。

 

基本的に就職に留年が響くと言ったことはなかなかありませんが、民間企業では一部そういった学歴を気にするところもあります。

 

そういったところに本当に勤めたいのであれば早いうちから根気を見せて雇って貰う必要がありますので後学期から既に就職活動にシフトチェンジするというのはきわめて理に適っている行動です。

 

 

【留年は悪いことばかりではない】

 

またバイトを多く入れて留年した分の学費を取り戻す学生の方も多いようです。

 

安くはない大学の学費ですからそういった行動は必要ですし、大学生活だからこそできる行動の一種でもありますよね。

 

大学で留年するというのは決して悪いことばかりではありません。

 

より学生時代のうちにいろんな方面での視野を広げることで社会に出てからでは到底学べないことももちろんありますし、そういったことを学べるのは学生のうちの特権だとよく言われます。

 

しかし、単位不足により留年をしたのであれば、しっかり単位を取得し、早めの行動で遅れを取り戻そうとする気力は必要であると思います。