大学生にお勧めの資格(簡単まとめ)

2018年04月06日

 

厳しい大学受験を突破し希望していた学校に入学すると、うれしさのあまりしばらくは何もする気が起きない人もいます。

 

入学式を終えた後も、新しく大学生生活が始まったばかりなので目新しいことばかりに目が行きがちです。

 

新しい生活に慣れることも重要ですが、将来のことをきちんと考えなければいけません。

 

大学に入学することだけが目標ではなく、将来の自分のために大学に入学したはずです。大学生生活の始まりは、将来の就職活動などの始まりでもあります。

 

今回は大学生の間に取得しておけば、将来に役立つ資格はたくさんあります。

 

【計画的に進めることが大切】

 

就職活動を本格的に開始する4年生になってからでは、資格を取得することは難しくなってしまします。

 

そのため、入学したら計画的に進めることが大切です。

 

大学生が取得できる資格試験の種類は様々で、そのなかから将来、将来、どんな時に役に立つか?をしっかりと考えて取得する必要があります。

 

自分の就きたい仕事の内容を考えて、就活に有利な資格は?どれかを考えて進めていきましょう。

 

【秘書技能検定】

 

就職した後も役に立つ資格として、秘書技能検定の人気が高くなっています。

 

特に文系の女子大学生に人気のある公的な資格で、文部科学省が後援しています。

 

秘書技能検定には、3級から1級までの4種類あり、会社などの事務系の仕事を希望している場合は会社へのアピール度が高くなり就職に有利です。

 

公的な資格ですが、3級なら77%程度と合格率が高くなるので比較的容易に取得することが可能になります。

 

 

【宅地建物取引主任者】

 

宅地建物取引主任者も、取得しておくと就職に有利になる資格です。

 

宅地建物取引主任者は不動産関係の仕事を目指す人が取得すると考えられていますが、取得している人の約80%以上は異業種に就職している人が取得しています。

 

宅地建物取引主任者は不動産関係の会社以外にも、銀行などの保険会社やハウスメーカーや会社の中の財務部門などで生かすことができる資格です。

 

様々な業種に使えるので、大学在学中に取得する人が増えています。

 

難しい専門分野などの試験なので、合格率は約15%程になってしまいますが取得しておくと就活に有利です。

 

 

【ITパスポート】

 

IT関係の基本的な知識があるという照明になる、ITパスポートと言う国家資格も様々な分野で役立つ国家資格です。

 

名前だけを聞くと専門的な知識と考えてしまいますが、パソコンやセキュリティーなどの基礎的な知識です。

 

IT関係はいずれの分野の仕事でも取り入れているので、どこの会社に就職しても生かすことのできる便利な資格です。

 

 

 

【普通自動車免許証】

 

普通自動車免許証も、大学在学中の取得しておいた方が就活の際有利に働きます。

 

どこの業界に就職しても、車は必要不可欠な道具です。営業職や総合職では、取引先の会社などへ訪問する際には車を使うことが多くなってきます。

 

研究分野の仕事に配属されても、別の研究機関などへの訪問などの時に普通自動車免許証があると便利です。

 

全国的に有名な大企業に就職した場合、全国各地への配属や転勤などが考えられます。

 

大都市圏では交通手段が整っているのであまり必要だと感じませんが、地方などで仕事をする場合は車が必要です。

 

就職して必要になってからでもよいと考える人もいますが、仕事をしながらの教習所に通うことは大変難しいことになってしまいます。

 

そのため、時間的な余裕の多い大学生の時に取得しておいた方がよい資格です。

 

 

【簿記の資格】

 

簿記の資格も、就活や将来の仕事で役立つことが多くなってきます。小さな会社から全国展開をしている有名な企業まで、経済活動をしていない会社はありません。

 

簿記を勉強しておくと、会社の財務状況などが自分で判断できるようになります。

 

就職しようとしている会社の財務状況などをインターネットなどを使って判断することができるので、他の人より会社の状況を的確に判断することが可能です。

 

有名な企業であっても、経営状態が悪化している場合も考えられます。自分でそのような状態を見抜くことができるので、より安全で将来性の高い会社を探し出すことも可能です。

 

簿記と聞くと難しいというイメージがありますが、経営の基本的なことがわかっていれば合格しやすい資格です。

 

簿記は4級からありますが、取得する場合は3級からがよいでしょう。

 

短期間勉強するだけで多くの人が合格しているので、比較的簡単に取得することができます。

 

【TOEIC】

 

TOEICも、大学生の時に取得しておいた方がよい資格です。厳密にはテストです。

 

世界中を見ても、英語は非常に重要性の高い語学になっています。

 

TOEICは国際コミュニケーション英語能力テストの略で、リスニングとリーディングの試験を受けます。

 

英語を使った日常的な会話や、仕事の時によく使うビジネス英会話などが多く出題されているのが特徴です。

 

国内企業でも英語能力を高く評価する方向になっているので、就職試験などの時にTOECのスコアを提出させることが多くなってきています。

 

そのため、TOECでのスコアが高いと他の人よりも評価が高くなるので人気の高い資格です。