猫の手ゼミナール執筆の書籍が出版されました! 詳細はこちら

単位の超過申請(まとめ)

 

大学では高校までとは違い、1人の大人として扱われます。まだ学生という立場ではあるものの、大学で履修する講義の登録はそれぞれで行うのが普通です。

 

卒業するために必要な単位数は厳格に決められているので、計画的に講義を選択しなければいけません。

 

しかし、全ての学生が平等に受講できることを目的として、1年間の履修登録には上限が設けられているのです。

 

事情があって上限を超えて履修したい方のために単位の超過申請という救済措置もあるから、必要に応じて利用することで確実に卒業しましょう。

 

目次

【単位の超過申請とは】

 

単位の超過申請とは文字通りに大学側が定めている上限を超えて履修登録をする行為で、書類による手続きの1つです。

どんな時に申請できるかと言うと、主に3年次などの上の学年において明らかにストレートで卒業するのが難しい場合です。

 

単位には教養科目などの属性があり、全ての合計だけではなく各科目の必要数を上回ることも求められます。

 

たまたま1年次であまり単位を取得できなかった等の理由で留年させるのは理不尽だから、本人の努力で挽回できるように単位の超過申請という制度があります。

 

大学によって細かい手順が異なりますが、単位の超過申請を希望する書類を学生課に提出する点は共通です。

 

【準備すべきこと】

 

準備すべきことは指定された書類で、自分が所属している学科の教務主任などの責任者に確認印をもらってから学生課に提出する形式がよく見られます。

 

上限を超過することで卒業要件を満たせる等の特別な事由に加えて、通常より多めの講義をこなせるだけの学力があることも必須です。

 

予め履修登録をした内容に従って受講していく大学では、春休みなどの長期休暇にある履修登録の期間内で単位の超過申請を受け付けているパターンが目立ちます。

 

決められた提出期限までに手続きを完了させることがスタートラインだから、上限を超えて登録したい場合は他の学生よりも忙しくなります。

 

【対策が必要不可欠】

 

他の学生に比べて多めの単位数を登録するので、他の用事を作らずに十分な学習期間を確保するといった対策が必要不可欠です。

 

講義における単位取得の難易度は変わらず、同じ科目の講義でもより分かりやすく教えてくれる講師を選ぶことも大切になります。

 

履修登録と単位の超過申請の手続きを同時に進める時には、現在の取得している単位の再チェックから慎重に行うのが鉄則です。

 

 

【ルールを順守】

 

履修登録は大学の決めたルールを順守することで、初めて有効になります。

 

知らずに上限を超えたまま申請すると無効にされてしまうため、単位の超過申請を含めて自分が準備すべきことを事前にしっかり確認しておきましょう。

 

通常の履修登録の上限とは別で数えられる単位もあるので、分からなければ学生課に直接聞くぐらいの慎重さで準備をするのが賢明です。

 

どんな時に申請できるかを正しく把握していれば、履修登録の期間に入ってから優良な成績を取りやすい講義を優先的に押さえられます。

 

人気がある講義は抽選になるパターンが少なくありませんが、それでも最善手で履修登録をすることで自分の負担を軽減できます。

 

卒業要件を早く満たせば、その後の大学生活が格段に楽です。

 

就職活動中に講義に必ず出席することは難しいので、現在では3年次までに前倒しで卒業できる状態にしておくのが常識となりつつあります。

 

単位の超過申請とは学生のための制度で、多くの学生が利用している状況です。

 

原則的に優秀な学生に便宜を図るものであり、普段から良い成績であることも単位の超過申請の審査でチェックされます。

 

成績が悪い学生には本来よりも少なめの単位数に制限するケースも見られるため、順当に卒業するために常に一定以上の成績を取得していくのがポイントです。

 

【日頃から信用を得ていく】

 

いざという時に大学の責任者に単位の超過申請を認めてもらう必要があるので、日頃から信用を得ていくのも準備すべきことに入っています。

 

入学してから大学で計画的に過ごすのかどうかで、卒業後の人生が大きく変わります。

 

指定された科目の単位数を満たした上で合計でも卒業できる状態にしなければいけないから、入学したばかりの1年次であっても他人事ではありません。

 

高校までのクラスの担任がいちいち指導してくれる環境ではないので、制度の種類とどんな時に申請できるかをよく調べておきましょう。

 

自分で制度の内容を調べて、正しく利用することでメリットを享受できます。

 

実際には不備なく申請をしてから内部で審査が実施されることが多く、単位の超過申請のように明確なメリットがあるほど基準が厳しくなるのが一般的です。

 

予め準備すべきことを知っていれば、例えば単位の超過申請では普段から好成績を維持することで大学側の心証を良くしておくなどの対策ができます。

 

【期限内に正しい方法で完了】

 

書類による手続きを期限内に正しい方法で完了させることは、社会に出てからも求められるスキルです。

 

社会ではいちいち利用者にどうするべきかを教えないので、自ら情報収集をしていく姿勢が重要となります。

無料相談実施中

\無料相談実施中! /

お探しの記事を検索する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学生の単位取得をサポートするための個別指導を提供しています。

大学や生徒のレベルに合わせたカスタマイズされた学習プランで、単位取得を効果的にサポートします。

生徒とのコミュニケーションを大切にし、彼らの学習の進度や状況を把握することで、適切なサポートを提供できるよう努めています。

目次