猫の手ゼミナール執筆の書籍が出版されました! 詳細はこちら

大学レポートを諦める前に読んで! 

 

大学の授業で出されたレポート課題をやっていて、「もう無理…」と思うことがあるかもしれません。

 

文字数が多く、内容が難しいので、挫折してしまいそうになるかもしれませんが、ちょっと待ってください。

 

レポートを落とすと単位の取得に直結する可能性があるので、もったいないです。

 

そこで今日は、レポートを諦める前にぜひ知っておいてほしい内容について解説します。

 

ぜひ最後までお読みください。

 

目次

【大学でのレポートの重要性】

まずは、大学レポートの重要性について把握しておきましょう。

 

これは、その授業や教授によって異なりますが、授業によってはレポート課題が成績評価の大部分を占める場合も少なくありません。

 

そのため、レポート課題は何もおまけではなく主なものであり、これを諦めるということは単位を落とすことにもなります。

 

それが、必修科目であれば進級や卒業にとってかなりの痛手です。

 

【大学レポートを諦める前に】

 

 

では、具体的にどのようなことに着目すればいいのでしょうか。

 

順番にポイントを解説します。

 

≪出さないよりは出す方がいい≫

 

まず、期限に間に合わないからと提出さえしないのは自爆です。

 

提出しなければもちろんレポート評価はゼロですし、何も加点されません。

 

でも、たとえ自信のあるレポートでなくても、内容は完璧ではなくても提出することでマイナスにはならないでしょう。

 

もちろん明らかに質の悪いものはダメですが、提出することで再提出の機会をもらえる可能性もあります。

 

≪引用文を活用する≫

 

レポートを作成していて、文字数が足りなかったりすると絶望感に襲われるかもしれません。

 

期限まで時間がないのにあと何文字も…となれば辛いので、そこでは引用文を上手に活用すると文字数を補えるかもしれません。

 

引用には引用のルールがあるので、それに関しては下記の記事を参考ください。

 

知らないでは済まないレポートの引用ルール

 

レポートで引用する際の注意点

 

≪構成を作り直す≫

 

途中まで書いたレポートでも、なかなかその先に進めないということもあるでしょう。

 

そんな時は、一旦それを置いといて、新たに作り直すのもいいです。

 

もったいないと思うかもしれませんが、やり直すことで新たなアイディアが浮かぶことがあります。

 

以前のものも参考になる部分はあるかもしれません。

 

≪とにかく完成させる≫

 

最初のものに近いですが、完成させないことには評価されません。

 

そのため、たとえ質に自信がなくても期限が迫っているのならとりあえず完成させることを意識します。

 

完成させないことには提出できません。

 

≪友人に聞いてみる≫

 

周りの友人にレポートの作成の仕方や困った時のコツを教えてもらうのもいいです。

 

先輩であれば経験が多いですし有益な情報をもらえるかもしれません。

 

ダメ元で一言聞いてみてください。

 

【大学レポートの提出が遅れたら謝罪を】

そして、もし、提出期限を遅れてしまったらしっかり謝罪をすることです。

 

何もしないで提出してもマナー違反になるのでよくありません。

 

口頭で謝罪するのもいいですし、不在の場合はEメールでもOKです。

 

大学レポートを遅れた際のお詫びメールの書き方については「やばい…大学レポートの提出が遅れた際のお詫びメールの書き方」を参考ください。

 

【まとめ】

今日は、大学のレポートを諦める前に知ってほしいことについて解説しました。

 

レポート課題は大変で結構難しいものです。

 

しかし、これを怠ると大学では苦労しますし、卒業論文にも影響します。

 

加えて、社会に出てからもレポート作成はあるので、学生のうちにしっかり練習しておきましょう。

無料相談実施中

\無料相談実施中! /

お探しの記事を検索する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学生の単位取得をサポートするための個別指導を提供しています。

大学や生徒のレベルに合わせたカスタマイズされた学習プランで、単位取得を効果的にサポートします。

生徒とのコミュニケーションを大切にし、彼らの学習の進度や状況を把握することで、適切なサポートを提供できるよう努めています。

目次