猫の手ゼミナール執筆の書籍が出版されました! 詳細はこちら

大学の物理学科におすすめの就職先 

 

理系に進む学生の中には、理系なので就職で不利になるのでは…と心配している人もいるかもしれません。

 

特に今回紹介するような物理学科のある理学部はそのようにいわれることが結構あり、物理が好きで大学に入ったのにすでに懸念材料になっている人もいると思います。

 

今日は大学の物理学科の就職に関する内容で、本記事を読むことで物理学科の学生にはどのような就職先がおすすめなのかというのが分かります!

 

目次

【大学の物理学科は就職できない?】

まず、最初に述べておきたいのが大学の物理学科の学生の就職の難易度についてです。

 

よく理学部は就職が「不利」という表現がされますが、その理由としては、実用性の低い研究をしていると思われていたり、企業でも戦力にならないと考えられていることがあるからです。

 

確かに、理学部や物理という内容を考えるとその見方も100%間違っているとは言い切れないかもしれませんが、就職というのは本来自分の学問とは関係のない職種に就くことも珍しくありません。

 

例えば、文系で心理学部の学生はみんながみんな心理カウンセラーのような学問を生かした就職先に就いているかというとそうではありません。

 

それと同じで、理学部でも物理学科でもそれが理由で就職が不利になるというのは少し偏った考え方のようにも見えます。

 

≪むしろ有利に働くこともある≫

 

物理という学問上、現象を立証する必要がありそのために様々な実験を行なったりレポートなどにまとめたりします。

 

つまり、他の学生よりも論理的思考が鍛えられやすい環境にいるので、それは社会人として働く際にも大きく評価されます。

 

物理以外のそのような部分をうまく表現できれば、他の学生よりも「有利」になるのではないでしょうか。

 

【大学物理学科におすすめの就職先】

 

 

大学物理学科におすすめする就職先について解説します。

 

≪IT業界≫

 

憧れる人が多いであろうIT業界ですが、近年急速に発展している業界でもあります。

 

物理学科の学生にとっても人気のある業界であり、論理的思考を持ち合わせた物理学科の学生にとってはIT業界でのシステム構築やネットワーク構築にはおもしろさを覚えるかもしれません。

 

企業によっては、通信インフラ業界やインターネット・WEB業界などIT業界の複数の分野にまたがっているところもあれば、1つを専門的に行うところもあります。

 

≪教育関連≫

 

物理学科にいる学生の多くは、物理が好きだと思います。

 

その物理の魅力をできるだけ多くの人に伝えられる仕事として教育系があります。

 

理科や物理の教員や学習塾の講師として働くのもいいでしょう。

 

教えるのが好きなだけでなく、子どもと携わりたいという人にも適切な就職先といえるでしょう。

 

≪金融業界≫

 

実は、物理学科を卒業する学生で金融やコンサル系の仕事に就く人は少なくありません。

 

その理由としては、やはり論理的に物事を考えられる物理と数学や物理学に沿って投資や金融商品を開発する金融系の仕事の相性の良さが挙げられます。

 

また企業の状況を分析するコンサルタントなども向いているかもしれません。

 

【まとめ】

今日は、大学の物理学科の学生におすすめする就職先についてでした。

 

ここで紹介したのは、IT業界・教育関連・金融業界とどれも物理学で求められる論理性を生かせるものばかりです。

 

理学部や物理学科は就職に不利といわれますが、物理学科の特徴でもある論理的思考力は大きな武器になるので覚えておきましょう。

 

では、本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

無料相談実施中

\無料相談実施中! /

お探しの記事を検索する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学生の単位取得をサポートするための個別指導を提供しています。

大学や生徒のレベルに合わせたカスタマイズされた学習プランで、単位取得を効果的にサポートします。

生徒とのコミュニケーションを大切にし、彼らの学習の進度や状況を把握することで、適切なサポートを提供できるよう努めています。

目次