猫の手ゼミナール執筆の書籍が出版されました! 詳細はこちら

大学物理についていけなく塾に通うのはアリ?

 

よく難しいといわれる理系学部ですが、その中でも物理に手を焼く学生は多いです。

 

今日は、そんな大学物理に苦戦している人に向けた内容です。ぜひ参考にしてください。

 

目次

【大学物理とは】

高校にも物理の授業はあったと思いますが、苦手意識を持っていた人も多いでしょう。大学物理は、理工学部などで学ぶ学問で高校物理よりも専門的で難しくなります。

 

物理学は、簡単にいうと自然界のいろんなことを実験して理論で証明する学問です。理論を学ぶだけでなく、多くの実験や演習もあります。

 

一般的には、最初に物理学の基礎を学び、学年を重ねるごとに実験を通した学びやより専門的な分野を学んでいきます。

 

皆さんのイメージ通り、物理は専門的で難しいので、好きな人はとことん好きですが嫌い、苦手な人もたくさんいます。

 

「物理」と聞いて、頭が痛くなる人もいるかもしれません… 。

 

【大学物理に苦戦する人の特徴】

≪数学の知識が足りない≫

 

意外かもしれませんが、物理では数学の知識がとても重要です。実際、大学の物理についていけない学生の多くが数学の知識に不安を抱えています。

 

物理と数学は密接に関係しており、物理は自然現象を数式に入れたもの、数学はそれから変形して新たな法則を見つけるものです。

 

数学は物理にとっていわば道具みたいなものです。大学物理に苦戦する人は、まず数学の勉強を行いましょう。

 

≪物理への興味の薄さ≫

 

数式ばかりの物理なので、物理が好きでたまらないという人はいいかもしれませんが、それ以外の人はかなり辛いはずです。

 

わけのわからない数式をひたすら学ぶ…興味がなければしんどいです。

 

他に、物理の興味深い考え方自体に出会っていないというのも理由の1つです。仮説を検証したり、立証したりする物理では自分が納得するような面白い考え方に出会えるかがとても大切です。

 

あとは、教授の教え方なども関係すると思います。もちろん、教授だけのせいにしてはいけませんが、数式ばかりでつまらない物理の本当のおもしろさを教えるのは教授なので少なからず影響はあると思います。

 

【大学物理についていけなく塾に通う人も】

 

 

学習塾といえば、中学や高校までのイメージですが、実際、大学生向けの学習塾もあります。

 

特に、物理など理系科目は自分で勉強するのは時に大変なので、学習塾という選択肢もアリです。その道のプロが丁寧に教えてくれるので、授業に遅れを感じている人にとっては救いです。

 

当ゼミナールでも、理系学部など大学生のための指導を行なっており、たくさんの学生が学んでいます。個別指導できめ細かいサポートを行なっているので、あなたの不安が安心に変わるはずです。

 

「大学生にもなって塾?」と周りの友人らに思われるかもしれませんが、授業についていけず単位を取られない方が深刻です。

 

また何となく理解して単位を取られても、学問を理解していないと大学の意味がありません。大学は学びの場所、単位を取るだけために入学する場所ではありません。

 

大学物理の他にも数学、化学、生物など幅広く対応しているので、ぜひご検討ください。何か不明な点があれば、気軽にお問い合わせください。

 

では、本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

無料相談実施中

\無料相談実施中! /

お探しの記事を検索する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学生の単位取得をサポートするための個別指導を提供しています。

大学や生徒のレベルに合わせたカスタマイズされた学習プランで、単位取得を効果的にサポートします。

生徒とのコミュニケーションを大切にし、彼らの学習の進度や状況を把握することで、適切なサポートを提供できるよう努めています。

目次