猫の手ゼミナール執筆の書籍が出版されました! 詳細はこちら

大学薬学部の魅力を徹底解説!

大学の薬学部にいる学生の多くは薬剤師を目指していることでしょう。

薬学を研究するおもしろさは、まだ解明されていないことを明らかにして人々の健康に貢献することです。

これまでもこれからもどれほどの命が薬によって助けられてきたか、薬学というのは人々、社会に大きく影響する学問といえます。

今日は、そんな大学薬学部の魅力を詳しく解説します。

薬学部の学生でも意外と気づいていないこともあるかもしれません。

目次

【薬学について詳しく知ろう】

「薬学」というのは、数ある学問の1つであり、人々の健康や生命科学の研究を通じて薬物を総合的に科学する学問です。

医薬品の効果や効能、製造方法、管理や供給などについて徹底的に勉強します。

薬剤師になれば医薬品の正しい服用方法などを指導したり、製薬会社で働くのなら研究開発に関わることになるかもしれません。

医師に対して医薬品の説明を行う医薬品情報担当者(MR)や化粧品開発に関わる仕事に就く人もおり、非常に幅広い業界で活躍できるのが薬学でもあります。

薬学部では、主に「基礎薬学」と「医療薬学・臨床薬学・社会薬学」について学び、化学や生物学、医療などの知識が求められます。

【大学薬学部の魅力】

ここからは、大学の薬学部の魅力について順番に解説します。

≪人々の健康に貢献できる≫

冒頭でも述べたことですが、薬学部で薬について学び社会に貢献し人々の健康を支えます。

今の時代、医薬品がないと生活できなくなっており、その効果を最大限高めるためには薬学に関する専門知識を持った人が必要です。

薬剤師として働くことで毎日、「ありがとう」といってもらえるでしょう。

≪努力という結晶≫

薬学部は決して簡単な学部ではありません。

大学の薬学部によってはかなりの数の学生が留年したり、大学を辞めたりするので、その中でも残って卒業をする人は素晴らしいです。

薬剤師になるのなら国家試験もありますし、ここに合格するのも想像以上に難しいものです。

大学生活の毎日は授業、試験、レポート、実習など非常に多忙な日々になりますので、それらをこなしているあなたはすでに誇らしいでしょう。

≪待遇の良さ≫

薬学部の魅力というのはすなわち薬剤師の魅力でもあります。

薬剤師の平均年収は約600万円であり、普通に一般企業に就職をするサラリーマンよりも高い傾向にあります。

待遇の良さというのは仕事をする上でのモチベーションになります。

≪理系の中では女子が多め≫

一般的に、大学の理系学部では女子学生よりも男子学生の方が多い傾向にあります。

理学部や工学部などどうしても男子のイメージがありますが、薬学部は半々か大学によっては女子学生の方が多いです。

また薬剤師になっても女性が多く、女性が活躍できる場所でもあります。

【大学薬学部で学ぶ学生へ】

これを読んでいるあなたは大学の薬学部の1年生かもしれませんし、6年生かもしれません。

薬学部には今日紹介したようにたくさんの魅力があり、薬学という学問がない世の中は私たちには想像ができません。

日々の勉強が大変で落ち込んだり、モチベーションが下がったりすることもあるかもしれませんが、そんな時はぜひあなたが薬学部に入りたいと思った理由を再考してみてください。

そして、薬学部の魅力をしっかり把握してください。

大変でどうしようもない時は、一旦休んで深呼吸しましょう。

そしたらまたあの時のやる気が戻ってくるはずです。

【まとめ】

今日は、大学の薬学部の魅力について解説しました。

6年間という長い学生生活になり、非常に中身が濃く大変ですが、やりがいが多い学部でもあります。

薬学部の学生は将来の夢に向かって頑張ってください。

無料相談実施中

\無料相談実施中! /

お探しの記事を検索する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学生の単位取得をサポートするための個別指導を提供しています。

大学や生徒のレベルに合わせたカスタマイズされた学習プランで、単位取得を効果的にサポートします。

生徒とのコミュニケーションを大切にし、彼らの学習の進度や状況を把握することで、適切なサポートを提供できるよう努めています。

目次