猫の手ゼミナール執筆の書籍が出版されました! 詳細はこちら

【化学科必見】化学に強い学生が就ける職業とは

大学の化学科は、化学に関する専門分野を持ち合わせているので、一般的に就職には強いとされています。

化学科以外の学生、特に文系学部の人などは当然化学に関する知識は薄いでしょうし、企業も化学分野での高い技術力や知識を求めているのが現状です。

今日は、特に化学に強い学生が就ける職業について解説します。

化学科の学生はぜひ最後までお読みください!

目次

【様々な産業に関わる化学という分野】

化学というのは、宇宙・地球に存在するあらゆる物質の構造やその性質について知る学問であり、その性質について知るには別の物質との間に起きる変化や反応についても研究しなければいけません。

そのため、実験や実習が多いのも化学科の特徴です。

そんな化学科の学生は、化学に関することだけでなく、数学や物理学、生物学などの他の知識も備えており、いろんな分野でも活躍できるポテンシャルを持っています

また、多くの産業では化学分野は基礎技術になるので、幅広い業界で必要とされています。

【化学に強い学生が就ける職業】

では、化学科など化学に強い学生はどのような職に就けるのでしょうか。

順番に解説します。

≪化学教師≫

化学そのものを教えることができる化学教師はまさにピッタリです。

理科を教えたり、高校では化学など細かく分かれることになりますので、化学教師として働きます。

子どもにとって化学という科目は非常に難しく、理解に苦しむ人も少なくありませんので、そのサポートをできるのはやりがいそのものです。

化学科を卒業した身としても、少しでも化学に興味を持ってくれる子どもが増えるのは嬉しいことです。

高校教師としての年収は20代で大体440万円ほどです。

≪大学の研究員≫

化学科を出た学生の中には、大学院に進学する人もいます。

そこで化学関連分野を専攻し、専門知識を学びます。

できれば博士の学位を持っている方が研究員としてはいいでしょう。

これはいわゆる、「化学者」というものです。

平均年収は大体500万円ほどといわれています。

≪エネルギー産業≫

エネルギー産業というのは、石油や天然ガスなどの天然資源を人々が使えるエネルギーに変えて供給するインフラ産業です。

電力・石油・ガスが代表的な3つです。

エネルギー業界全体の規模は45兆円と国内でも最大級の業界規模であり、そこで化学の知識を生かして社会に貢献することができます。

年収は20代平均で400万円弱ほどでしょう。

外資系などになればもっと高いようです。

≪製薬業界≫

製薬会社も化学の知識を生かせられる場所です。

製薬業界には、一般的には化学科よりも薬学科の学生の方が適性があるでしょうが、化学科の学生でも製薬会社の営業職に就くことは可能です。

また、もし修士を持っている人であれば研究職に就くこともできます。

製薬会社は年収が20代営業職で500万円近くになるなど、給料が高いのが特徴です。

【まとめ】

いかがでしたか?今日は、化学を生かせられる職業について解説しました。

化学という専門分野ですが、実はいろんな業界で求められています。

化学科のあなたもその知識や技術を生かして、理想の職業を手に入れましょう。

無料相談実施中

\無料相談実施中! /

お探しの記事を検索する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学生の単位取得をサポートするための個別指導を提供しています。

大学や生徒のレベルに合わせたカスタマイズされた学習プランで、単位取得を効果的にサポートします。

生徒とのコミュニケーションを大切にし、彼らの学習の進度や状況を把握することで、適切なサポートを提供できるよう努めています。

目次