猫の手ゼミナール執筆の書籍が出版されました! 詳細はこちら

成績upのための有効な英語参考書の使い方

 

目次

大学の英語のクラスはレベル別

 

語学系の学部以外でも、英語が必修科目となっている大学は多く存在します。

 

そして、大学の英語のクラスは成績順、つまりレベル別に分けられていることが多いのです。

 

そのため、基本的には「クラスのレベルに全然ついていけない」ということは少ないとは思いますが、いわゆる“ギリギリのライン”で上のクラスになってしまったという人もいるでしょう。

 

その場合は、ついていくのに必死だったり、まわりの方が成績が良く、相対的に見た時に先生からの評価が良くないということにもなりかねません。

 

そんな人のために、成績upを目的とした、英語の参考書の有効な使い方を紹介したいと思います。

 

暗記は一冊を最後までやりきる

一般的に英語に苦手意識のある学生の多くは、絶対的な暗記量が不足していることがあります。

 

英語は当然ながら言語ですので、ある一定量以上の暗記は避けることはできません。

 

そのため、英単語やイディオム等の暗記はコツコツと続けるのが良いでしょう。

 

多くの単語帳はレベル別(頻度順)に配列されており、基本からスタートすることになりますが、高いレベルの単語を覚えたいのであれば、レベルが高めの単語帳を使用しても良いでしょう。

 

単語帳やイディオム集を選ぶ時には、信頼できる出版社のものを選び、一度購入した後にはその参考書を信じて何度も繰り返すことが重要となります。

 

暗記ができないという悩みを持つ学生の中には、違う参考書に目移りしてしまい、一冊の参考書を十分に消化しきれないケースも見受けられるからです。

 

「一冊の参考書を最後までやり遂げること」は重要なポイントになってきます。

 

 

英文法は理解度をその都度チェック

 

単語や熟語の学習と同時に始めたいのは英文法のマスターです。

 

多くの種類の参考書が存在しますが、特におすすめなのが、講義形式の英文法の参考書です。

 

有名予備校講師などの講義を参考書にしているため、基本的には語り口調となっており、とても理解をしやすいのが特徴です。

 

ただし、講義形式の参考書はなんとなく読んでわかったつもりになるケースもあるので注意が必要です。

 

単元ごとに英文法問題集などを利用して、「その単元の理解度を都度チェックすること」が大切となります。

 

英文読解はパターンの理解から

まずはボリュームの少ないものを

 

これらの基本にある程度の自信をもてるようになった段階で始めたいのが、英文読解のための勉強です。

 

まずは、公文のパターンを短文で理解することからスタートしましょう。

 

100くらいのパターンを上手に整理してある英語参考書がおすすめです。

 

最初からボリュームのある参考書を選んでしまうとどうしても挫折しやすくなるため、英文読解に関しては、最初はボリュームの少ない公文集のマスターを目標にするのが良いです。

 

次は難解なものにチャレンジ

 

これらの基礎が整ったら、難解な構文を含んだ文章をまとめた参考書にチャレンジします。

 

最初はすぐにわからないことも多くイライラするかもしれませんが、これまでの学習してきたことをフル活用して果敢にチャレンジしてほしいです。

 

仮に最初は理解できない英文であっても、基礎力ができていれば解説を熟読すれば理解できることも多いことに気付くはずです。

 

参考書を音読してみる

 

そして、最後におすすめしたいのが、参考書の音読です。

 

これまでは英語の成績upにはとても有効な方法です。

 

これまで学習してきた英文を実際に声に出し、何度も読み込みます。

 

理想は暗唱できるまで徹底的に読み込むことです。

 

無理に暗記しようとするのではなく、何度も読んでいるうちに自然に暗唱できてしまう状態がベストです。

 

このように覚えた英文は実際のコミュニケーションの場でも大いに役に立つことでしょう。

 

暗唱トレーニングに使用する英語参考書には、音声データのついているものを選ぶことはマストです。

 

いくら英文を読み込んでも間違った発音で覚えるようなことがあれば、リスニングにも悪影響がありますので注意してください。

無料相談実施中

\無料相談実施中! /

お探しの記事を検索する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次