猫の手ゼミナール執筆の書籍が出版されました! 詳細はこちら

大学の単位を落とさないために!シラバスの賢い活用方法

 

大学生になると「シラバス」という言葉をよく耳にします。

 

大学の説明会やホームページなどで見かけるものですが、大学生は実際どのくらいこれを活用しているでしょうか。

 

「何となく聞いたことはあるけれど…」

 

「使ったことはない…」

 

このような人は少なくないと思いますので、今日は大学の単位を落とさないためのシラバスの活用方法について解説します。

 

ぜひ参考にしてください!

 

目次

【大学のシラバスとは何か?】

シラバスというのは、英語で「Syllabus」といい、「講義要項」を意味します。

 

その授業の担当教授が、1年間又は半年間の授業計画を学生に伝えるもので、講義名・講義内容・年間スケジュールなどが記載されています。

 

授業の履修をする際に、このシラバスを見て選択を決めることが求められており、これをしないとどのような授業を履修するかが把握できません。

 

例えば、同じ選択科目である「心理学」でも教授Aと教授Bでは、学ぶ内容や評価方法などが異なります。

 

【大学のシラバスに記載されていること】

講義名や講義内容が記載されていると述べましたが、さらに詳しく見ていきましょう。

 

担当教授の名前はもちろん、授業の目標、成績評価方法、授業の形式、必要な教科書、開講学年などが記載されており、特に授業の目標や成績評価方法などは学生にとって重要です。

 

教科書も安い買い物ではないのでチェックしておきます。

 

≪シラバスは大学講義の説明書≫

 

シラバスには、その授業に関する詳細は記載されているので、言い換えると「説明書」です。

 

説明書を読まずに、電化製品を使う人は少ないと思いますし、仮に使ってみても正しく使うのは容易ではないでしょう。

 

その授業の評判を既に履修した友人などに聞くのもリアルな声が聞けていいですが、公式な説明書がまず先です。

 

【大学の単位を落とさないためのシラバスの活用方法】

 

 

具体的にシラバスをどのように使っていくかを説明します。

 

≪授業目標と自身の目標のマッチ≫

 

その授業での目標は何か、そしてあなた自身がどのようなことを求めているかを確かめます。

 

特に選択科目の場合で、ある授業に興味があっても求めている内容やゴールでなければいずれモチベーションは落ちます。

 

その授業を通してどのような能力や知識を身につけられるかを事前に確かめます。

 

≪教授の性格を予測する≫

 

その教授の性格や考え方というのも実なシラバスに現れます。

 

授業の詳細を事細かく記載する教授はきっちりしているでしょうし、大雑把にしか書いていない人はいろんな意味で適当かもしれません。

 

細部まで指導をしてくれる教授か自分のペースでどんどん進む教授かなど、シラバスから読み解きます。

 

≪評価方法をチェック≫

 

これは大学の単位を取得する上では欠かせない要素で、授業によっては毎週レポートがあったり、記述式のテストがあったり、テストはなく出席が重要視されていたりと様々です。

 

評価方法についてはほぼ100%載っていますので、チェックしてください。

 

単位を落とさないためにはできるだけ難しくないものを選ぶといいでしょう。

 

【大学のホームページでもシラバスは見れる】

シラバスというのは、冊子として配られるパターンとオンラインで閲覧できるパターンがあります。

 

最近はデジタル社会で、ホームページ上でも公開している大学が増えているので、ぜひチェックしてみてください。

 

【まとめ】

今日は、大学の単位を落とさないためのシラバスの活用方法についてでした。

 

シラバスを見ずに授業を受けるのはチャレンジなので、事前に目を通しておきましょう。

 

では、本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

無料相談実施中

\無料相談実施中! /

お探しの記事を検索する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学生の単位取得をサポートするための個別指導を提供しています。

大学や生徒のレベルに合わせたカスタマイズされた学習プランで、単位取得を効果的にサポートします。

生徒とのコミュニケーションを大切にし、彼らの学習の進度や状況を把握することで、適切なサポートを提供できるよう努めています。

目次