猫の手ゼミナール執筆の書籍が出版されました! 詳細はこちら

バレンタインの季節!チョコレートが脳に良いわけ

 

もうすぐバレンタインの季節がやって来ます。

 

恋人や友人のためにチョコレートを作る女子学生も多いかもしれませんが、チョコレートと脳には非常に良い関係があるのを知っていますか?

 

今回は、そんなチョコレートと脳の関係性について紹介します。

 

目次

【チョコレート=太る?悪いことばかりではありません】

皆さんは、「チョコレート」と聞いてどのようなことをイメージしますか?甘くて美味しいので、食べ過ぎたら太るなどが一般的かもしれませんが、チョコレートには多くのメリットがあります。

 

確かに、甘くカロリーも高めなので食べ過ぎたら当然太る原因にはなりますが、チョコレートの種類によっては適度に食べることで普段の生活がより快適になります。

 

その1つが今回紹介する「脳への影響」で、チョコレートの種類によってうまく使い分けるとさらにいいです。

 

例えば、甘いミルクチョコレートよりもカカオ含有量の多いビター系の方が脳の働きを活性化させる「カテキン」や「ポリフェノール」などが含まれているので勉強にオススメです。

 

他には、リラックス効果のある「ギャバ」を多く含んだチョコレートなどもあります。

 

そもそもなぜチョコレートは脳に良いと言われるのでしょうか。ここからはその大きな理由を3つ紹介します。

 

≪理由その1:ブドウ糖が多い≫

 

チョコレートにはたくさんのブドウ糖が含まれています。

 

ブドウ糖は、体を構成する細胞のエネルギー源として大きな役割を担っており、ブドウ糖が足りなくなると頭がボーッとして集中力が低下します。

 

効率よくブドウ糖を摂取したいならミルクチョコレートがオススメですが、カロリーが気になるという人にはビターチョコレートがいいです。

 

≪理由その2:ビタミンやミネラルが豊富≫

 

チョコレートには、ナイアシンなどのビタミン類、カルシウムや亜鉛などのミネラルが含まれています。

 

これらは脳の働きに必須で、その他にカフェインの種類である「テオブロミン」による集中力や記憶力の向上も期待できます。

 

チョコレートはスイーツのようなものなので、栄養はあまり入っていないと思っている人も多いかもしれませんが、種類によっては栄養価が高いと言えます。

 

≪理由その3:脳を落ち着かせる香り≫

 

チョコレートのカカオに含まれる香り成分が脳をリラックスさせます。

 

チョコレートのあの甘い何とも言えない香りが好きという人もいるかもしれませんが、それにはこんな効果があったのです。

 

あと、集中力を高める働きもあります。

 

【効果的な食べ方】

 

チョコレートには、種類によって様々な効果があります。

 

カロリーの面で考えるとミルクチョコレートよりもカカオの含有量が70%以上のビターチョコレートがオススメで、最初は苦く苦手な人もいるかもしれませんが慣れると結構ハマります。

 

チョコレートの作用は、食後約1時間でピークを迎え2時間後には効果が下がるので、勉強開始の1時間前くらいから食べ始めるのが理想です。勉強の合間に食べるのもいいと思います。

 

あと、食べる量ですが板チョコなら3分の1か4分の1から多くても半分くらいにしましょう。

 

ダイエットをしている、食べ過ぎると気持ち悪くなるなど食べる量は人によって異なるのであくまでも参考に。

 

【まとめ】

いかがでしたか?今回は、チョコレートと脳の関係性についてでした。

 

チョコレートをうまく取り入れることで勉強効果が高まります。

無料相談実施中

\無料相談実施中! /

お探しの記事を検索する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学生の単位取得をサポートするための個別指導を提供しています。

大学や生徒のレベルに合わせたカスタマイズされた学習プランで、単位取得を効果的にサポートします。

生徒とのコミュニケーションを大切にし、彼らの学習の進度や状況を把握することで、適切なサポートを提供できるよう努めています。

目次