猫の手ゼミナール執筆の書籍が出版されました! 詳細はこちら

大学に入学し、やりたかったことと違ったと感じた時には?

目次

【選択肢はたくさん!先まで見通そう】

いざ大学に入ったはいいものの、当時描いていたキャンパスライフとのギャップや、自分のやりたいこととは違った、などというようなことを感じる人は意外と多いです。

 そのような場合には、別の科や部へ移動するか、或いは大学自体を変えるかなど様々な選択肢が考えられます。まずはそれらにおける転科のリスクや、後々行うことになる就職活動への影響などをしっかりと考えていくことが大切です。 

 

【なるべく早いうちに決断しよう】

 基本的にそのような悩みは、入学してから出来るだけ早い時期に決断した方が良いです。決断が遅くなればなるほど時間や費用は無くなっていくので、自分の人生にとって不利に働く可能性が多くなります。

 また、相談する相手も絞った方が良いでしょう。あまりにも多くの人に相談してしまうと色々な意見を受けとることになり、それはそれでありがたい話なのですが、判断材料が多くなるのでその分決断も遅れてしまう可能性が高くなります。そのため、相談相手や相談場所はあらかじめ決めておき、本当に信頼できる相手に相談するようにしましょう。 

 

【転科のリスクについて】

 次に転科のリスクですが、途中から入ることになるので講義に付いていけなくなることや、学費が追加でかかるなどのリスクがあります。しかし、大学によっては転科に対してオープンに受け入れてくれるところもありますので、事情をしっかりと話した上で決断するようにしましょう。

 また講義に付いていけなくなるリスクについては、友達からノートを借りたり、積極的にしたりすることでなんとかカバーしましょう。転科の決断が早いほど、このリスクは低くなります。

 

【就職活動への影響について】

 次に就職活動への影響についてです。エントリーシートや面接の際に、転科したことや大学を中退したことを言わなくてはならない義務は特にないので、必要以上に心配しなくてもよいでしょう。ただし、万が一採用担当者に質問などをされた場合には、正直に答えるようにしてください。近年では昔ほど学歴重視ではなくなってきたので、たとえ大学を中退したとしても落ち込む必要はないでしょう。

 転科や中退は、自分の人生を大きく左右する出来事になります。まずは本当にそれらをする必要があるかどうかを考えましょう。たとえ自分の思い描いていた場所でなくても、通ううちに新しいことに挑戦したくなることもあります。そのため、いかに周りの環境から自分のためになることを探し出せるかがポイントになるでしょう。それでも、自分の人生は自分が主役なので、本当にやりたいことがあるのなら、早め早めに決断し、実行するようにしましょう。

無料相談実施中

\無料相談実施中! /

お探しの記事を検索する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学生の単位取得をサポートするための個別指導を提供しています。

大学や生徒のレベルに合わせたカスタマイズされた学習プランで、単位取得を効果的にサポートします。

生徒とのコミュニケーションを大切にし、彼らの学習の進度や状況を把握することで、適切なサポートを提供できるよう努めています。

目次