猫の手ゼミナール執筆の書籍が出版されました! 詳細はこちら

物理学科の大学生はインターンをやるべきか

 

「インターン」というのは、インターンシップのことで、夏休みなど一定期間企業で働くことをいいます。

 

今日は、物理学科など理系の学生はインターンをやるべきなのかという内容です。

 

物理学科の学生にとってどのようなメリットがあるのかがわかります。

 

ぜひ最後までお読みください。

 

目次

【まずは、インターンについて知る】

ここでもう少しインターンについて詳しくみていきましょう。

 

インターンは、学生が興味のある企業で実際に業務をこなしたり、訪問するなどの職業体験を意味します

 

外から見るだけでなく、実際に中に入って仕事をすることで働くことの意味、形、目的など理解を深めることができます。

 

現在、多くの企業でインターンが行われており、大学側も学生にこの機会を推奨しています。

 

≪インターンの期間≫

 

インターンの期間は、様々です。

 

1日単位で行えるものから3ヶ月や半年などの長期のものまであり、大学の夏休みなどの長期休暇を利用して実施されるケースが多いですが、長期のものだと平日に行われることもあります。

 

【大学の文系と理系でのインターンの違い】

大学生と一概にいっても、文系と理系ではやや状況は異なります。

 

文系学生はある程度時間的余裕があるので、インターンにも参加しやすいですが、物理学科などの理系の学生は違います。

 

研究や実験などで忙しいので、インターンに当てられる時間は限られています。

 

また、理系学科はインターンを含む就職活動に関する情報を文系に比べると入手しずらいことがあります。

 

理系の先輩などは研究室や専門分野を学ぶ人が多く、企業への一般就職に関する情報は多くありません。

 

【物理学科の学生がインターンをやるメリット】

 

 

基本的には、物理学科の学生は全員が参加すべきとは思いませんが、可能ならした方がいいでしょう。

 

そのメリットは大きく3つあります。

 

順番に解説します。

 

≪他の学生と差をつけられる≫

 

特に、長期間のインターンであればそこで得られるスキルや技術があります。

 

それが、その先の就職活動でも役に立ち、有利に働くことがあります。

 

また、インターンに参加していたということ自体がアピールにもなるでしょう。

 

≪企業と関係を持てる≫

 

理系学科の学生は就職活動の情報を得にくいと述べましたが、実際に企業で働いてみることで内部から情報を得られます。

 

その企業からインターン枠をもらえたり、インターン生限定の説明会に招待されたりとメリットがあります。

 

≪自分の進む道が見えてくる≫

 

実際に企業で働くことで、良い意味でも悪い意味でもあなたの適性がよくわかります。

 

この企業に興味があったけれども、実施に働いてみると「違う」ということもあるでしょう。

 

でも、就職する前に気づけるのはいいことです。

 

そこで働いている先輩たちを見て、10年後、20年後自分がどうなるかもイメージできます。

 

【まとめ】

いかがでしたか?今日は、物理学科など理系学生にとってのインターンについてでした。

 

インターンをやるべきかどうかは、その学生の状況や目的により異なりますが、時間的余裕があり一般企業への就職を目指しているのなら参加する価値は大いにあるでしょう。

 

そのメリットは自分や企業のことを知られたり、選考で有利になったりといくつかあるので、ぜひ興味のある人はインターンの参加を考えてみてください。

 

大学側にインターンに関する情報がありますので、早めに入手してリサーチしてみましょう。

無料相談実施中

\無料相談実施中! /

お探しの記事を検索する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学生の単位取得をサポートするための個別指導を提供しています。

大学や生徒のレベルに合わせたカスタマイズされた学習プランで、単位取得を効果的にサポートします。

生徒とのコミュニケーションを大切にし、彼らの学習の進度や状況を把握することで、適切なサポートを提供できるよう努めています。

目次