猫の手ゼミナール執筆の書籍が出版されました! 詳細はこちら

大学の単位を落とさないための裏技4選

 

当サイトでは、これまでにも大学の単位を落とさない方法についてシェアしてきました。

 

大学生は単位を取得するのが仕事であり、決してサボってはいけません。

 

今日は、今までお伝えしてきた内容とは少し角度を変えて、単位を落とさないための裏技を解説しようと思います。

 

「努力して単位を取得する」「勉強を頑張る」など当たり前のことではなく、知っていると役に立つ知恵です。

 

ぜひ最後までお読みください。

 

目次

【大学の単位を落とさない裏技】

 

 

大学の単位を落とさない裏技について、順番に解説していきます。

 

基本的には、文系理系問わず当てはまるものばかりですので全ての大学生が対象です。

 

≪学習意欲の高さを存分にアピールする≫

 

まず、教授というのはやる気のある学生には好印象を抱くものです。

 

当然、勉強を教える立場の人間にとってだらけている学生と真面目な学生であれば後者の方がいいです。

 

全ての学生を平等に扱うのが教授というポジションですが、彼らも人間なのでいかにいい印象を与えるかというのが重要です。

 

そのために、例えば、試験前になったら授業のわからないことなどを個別に質問しに行ったり、勉強について相談などをすることで勉強意欲の高さをアピールできます。

 

これは、何も全く勉強意欲がないのに偽って聞きに行けというわけではなく、何かしら質問したい箇所はあると思うので、それを自分や友人に聞いて解決する代わりに教授に聞くということです。

 

日頃から教授とコミュニケーションを取っておくのは大切です。

 

≪楽単を探す≫

 

単位を取得することが目的であれば、楽単を選ぶのも1つの方法でしょう。

 

もちろん、大学は学びたいことがあり入学するので全て楽単のようなものに頼るのはよくありませんが、どうしても進級したいなど使うべき時に使うのは否定しません。

 

楽単というのは、文字通り、楽に単位を取れるもので大学には少なからずあります。

 

では、その楽単をどのように探すかですが、一番いいのは友人や先輩などすでに履修したことのある人に教えてもらう方法でしょう。

 

実際、これで情報交換をしている大学生は多く、経験者の声は有益です。

 

≪自分の興味のある授業を履修する≫

 

これは裏技というか当たり前といえば当たり前なのですが、大学生の中には友人と同じ授業を履修したいので興味のないものを選ぶ人がいます。

 

特に、選択科目のような多くの選択肢から選べるものは、いかに自分が興味があるかで選ぶと勉強へのやる気が異なります。

 

選択科目の難易度はそう高くないとはいえ、興味のない分野はどうしても勉強意欲は湧きません。

 

身体を動かすのが好きな人は体育のようなものでもいいでしょう。

 

≪試験用紙に授業への熱意を記載する≫

 

これは、最後の手段と思ってください。

 

もし、試験を受けていてもう単位を取れそうにないと思ったら、試験の空欄になぜ単位を落とすとやばいのか、授業への熱意などを書いて教授の同情を誘います。

 

教授によってはそれを考慮してくれたりすることがあります。

 

もちろん選択肢がない最後の手段なので、できるだけそれより前に対処しておく必要があります。

 

空欄はできるだけ試験の最後の箇所を利用しましょう。

 

ダラダラと書くのではなく、簡潔に読みやすいように記載します。

 

【まとめ】

今日は、大学の単位を落とさないための裏技について解説しました。

 

裏技を使う前に日頃の勉強態度や姿勢をしっかり見つめ直し、まずは対処がしやすい段階で何か策を打つようにしてください。

 

風船が完全に割れてしまってから直すのは簡単ではありません。

 

どうしようもなく対処に困ったら、今日紹介したようなやり方を参考にしてみるのがいいでしょう。

無料相談実施中

\無料相談実施中! /

お探しの記事を検索する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学生の単位取得をサポートするための個別指導を提供しています。

大学や生徒のレベルに合わせたカスタマイズされた学習プランで、単位取得を効果的にサポートします。

生徒とのコミュニケーションを大切にし、彼らの学習の進度や状況を把握することで、適切なサポートを提供できるよう努めています。

目次