猫の手ゼミナールの概要を詳しく知りたい方 詳細はこちら

遊学?大学生の語学留学を成功させるコツ

 

大学生になれば、アルバイトができたり、海外に行けたりとできることの選択肢が増えます。

 

実際、新型コロナ以前は2017年で6万人以上もの学生が海外で勉強をしており、留学をしたいと考えている学生は多いでしょう。

 

そこで今日は、大学生のための語学留学を成功させるコツについて解説します。

 

目次

【そもそも、語学留学って何?】

大学生が利用する留学には、様々な種類があります。

 

例えば、日本の大学の提携先で交換留学をしたり、大学院留学をしたり、海外でインターンシップをする学生もいます。

 

その中でも、この語学留学は、その名の通り、英語などの語学を中心に学ぶ留学スタイルであり大学生の間でも非常に人気があります。

 

語学を徹底的に学ぶので、語学力を高めたい人や今は全然話せない初級者の方でも参加できるプログラムになっており、渡航先としては英語圏であるアメリカやカナダ、オーストラリア、イギリスなどが一般的です。

 

≪語学留学には問題点もある?≫

 

初級者でも参加できる語学留学ですが、それは言い換えると「誰でも参加できる」ということで、交換留学などのように一定の試験がないので勉強意欲の低い学生も参加しているのが現状です。

 

そのため、学生の中には一定期間だけ語学留学をして、現地で遊び呆けるという人もおり、語学留学にはいいイメージを持っていない大人も少なくありません。

 

それ故、語学留学は「遊学」といわれることがあり、真面目に勉強をしている人からするといい迷惑です。

 

【大学生向け!語学留学を成功させるコツ】

 

 

ここからは、語学留学をよりいいものにするための心得について解説します。

 

≪時間は限られていることを把握する≫

 

交換留学や正規留学であれば、1~4年間くらいの長期間の留学になりますが、語学留学というのは基本的に長くても1年未満でしょう。

 

短いものだと数週間や1ヶ月などもあり、時間は限られているので、「いつか話せるようになる」と安易に考えているとあっという間に帰国になります。

 

そのため、常に計画性を持って語学に向き合い、少しでも多くのことを吸収できるように日々過ごすことが重要です。

 

≪渡航前の語学力が結果を変える≫

 

そして、語学留学で英語を習得したいと思うのは普通のことですが、行く前にいかに準備をしているかが重要になります。

 

語学留学でレベルが5上がるとして、行く前にレベル1だった人とレベル4だった人では後者の方が習得は楽です。

 

実際、語学留学で失敗する人はこの下準備が圧倒的に足りていないことが多いです。

 

≪日本人との関わり方≫

 

これはよくいわれることですが、海外留学中に現地で日本人留学生とばかり関わっていては語学は伸びません。

 

ただ、完全にシャットアウトするのは実は危険で、現地での情報交換など日本人同士の関係性が重要なこともあります。

 

関わり方のバランスを意識して、取り組んでください。

 

≪アウトプットを意識する≫

 

語学を習得するには本ばかりを読んでいてもダメで、いかにアウトプットをするかが鍵です。

 

語学留学ではせっかく現地にその言語を話せる人が多くいるので、積極的にイベントに行ったり集まりに出たりするようにします。

 

そこで友人ができたりといい出会いもあるでしょう。

 

【まとめ】

今日は、大学生のための語学留学を成功させるコツについてでした。

 

親の立場としても子どもが留学に行きたいといえば、できるだけ行かせてあげたいものです。

 

その際は可能な限り留学を意味のあるものにするために、今日の内容をぜひ子どもに伝えてあげてください。

 

その語学留学が子どもの将来のためになるでしょう。

お探しの記事を検索する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学生の単位取得をサポートするための個別指導を提供しています。

大学や生徒のレベルに合わせたカスタマイズされた学習プランで、単位取得を効果的にサポートします。

生徒とのコミュニケーションを大切にし、彼らの学習の進度や状況を把握することで、適切なサポートを提供できるよう努めています。

目次