猫の手ゼミナール執筆の書籍が出版されました! 詳細はこちら

海外留学する大学生が知っておくべきこと

 

現代社会では、別の国の音楽や映画、文化などを気軽に体験でき、まさに「ボーダーレスの時代」といえます。

 

人の移動に関しても同じで、大学生の中にはすでに海外旅行に行ったことがある人や留学を検討している人も少なくないかもしれません。

 

各大学には提携大学先があり、そこに留学をして大学の単位を取得することが可能です。

 

今日は、海外留学に行きたい大学生のお子さまに向けて、ぜひ知っておくべきことについて解説します。

 

事前に把握しているかしていないかで、留学の結果が大きく変わるでしょう。

 

目次

【大学生にとっての留学の種類】

一概に、「留学」といっても、その種類は多岐に渡ります。

 

例えば、

 

・語学留学
・交換留学
・大学院留学
・休学留学
・ワーキングホリデー
・インターンシップ

など

 

これは一部であり、他にもお子さまの目的や希望に合わせて留学の形というのは何通りにもなります。

 

また期間も同じで、1年や2年間、半年や3ヶ月、1週間などもあり、個々のスケジュールや条件に合わせて選べます。

 

≪主流なのは交換留学や語学留学≫

 

大学生にとって一般的な留学は、おそらく交換留学や語学留学、ワーキングホリデーでしょう。

 

交換留学は、日本の大学の提携先の大学で学び単位を取得するもので、語学留学は英語など現地の言語を学ぶものです。

 

ワーキングホリデーは、100%留学ではありませんが、働いたり学校に通ったりできます。

 

非常に自由度の高い方法として、大学生にも人気です。

 

いずれにしても、勉学に励む大学生が留学をする際は、英語など言語の習得が大きな目標になるかと思います。

 

【海外留学はあくまでも手段であること】

 

 

留学をする大学生が陥りがちなマインドとして、留学をすれば自然と英語がペラペラになるということです。

 

でも、考えてみてください。

 

サッカー未経験者がサッカーの本を読んでさえいれば、いずれサッカーができるようになるかというと決してそうではありません。

 

重要なのはいかに自らアウトプットをするかです。

 

現地の人に話しかけられたらただ単に答えるだけではなく、積極的に自分からどんどん話しかけて、会話を行うことです。

 

大学や地域が開催するイベントにもできるだけ行きたいです。

 

留学というのはそれが目的ではなく手段にすぎず、それを自分のものにするかはお子さま自身の姿勢によります。

 

大学からの交換留学で現地の授業料が免除されたとしても、海外に住むのにはお金がかかります。

 

親御さんの立場としても、当然自分の子どもには有意義な時間を過ごしてほしいものです。

 

≪留学前の準備も怠るな≫

 

そして、留学は実際に行ってから勉強するだけでなく行く前の基礎学力も非常に大切な要素になります。

 

なぜなら、元々英語力が5あった人と1しかなかった人では、伸びが全然違うからです。

 

そして、英語力だけでなくその国の文化や考え方、風習などもしっかり理解しておくことが快適な留学ライフにつながります。

 

アメリカやオーストラリアなどは多民族国家なので、一つの国で様々な価値観が学べます。

 

昔と違い、今はインターネットでも海外の情報を簡単に手に入れられるようになりました。

 

ぜひ時代の恩恵を受けてください。

 

【まとめ】

今日は、大学生が海外留学する際に知っておくべきことについてでした。

 

留学というものが解決策ではなく、その効果を高めるのも低くするのもその本人次第です。

 

それを頭に入れて、限られた留学の時間を最高レベルで質の高いものにしましょう!

無料相談実施中

\無料相談実施中! /

お探しの記事を検索する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学生の単位取得をサポートするための個別指導を提供しています。

大学や生徒のレベルに合わせたカスタマイズされた学習プランで、単位取得を効果的にサポートします。

生徒とのコミュニケーションを大切にし、彼らの学習の進度や状況を把握することで、適切なサポートを提供できるよう努めています。

目次