猫の手ゼミナール執筆の書籍が出版されました! 詳細はこちら

大学生が利用できる留学の種類

 

「大学生のうちに海外の大学でも勉強したい」と留学を希望する学生もいると思います。

 

今は新型コロナの影響もあり気軽に行けないかもしれませんが、いずれ収束して以前のように自由に行き来できる時期がやってくるはずです。

 

そこで今日は、大学生が利用できる留学の種類についてわかりやすく解説しようと思います。

 

大学生で留学に興味がある、いつか行ってみたいという方はぜひ参考にしてください!

 

目次

【大学生が留学するメリット】

大学生は、勉強に加えサークルやアルバイト、ボランティアなど様々なことに挑戦できる時期でもあり、その一つに海外の大学などで学ぶ「留学」があります。

 

日本国内では学べない環境下で過ごすことで言語面だけでなく異文化理解など貴重な体験ができます。

 

また大学生という時期だからこそ留学することでいろんなメリットもあります。例えば、大学生向けの奨学金が利用できたり、留学自体が就職に有利に働いたりとこの時期だからこそ得られるメリットが多くあるのです。

 

社会人になると留学に行きたくても行けないというのが現状なので、時間的にも選択的にも自由の効く大学生という時期は重要です。

 

では、一概に留学といっても大学生が利用できる留学にはどんな種類があるのでしょうか。

 

【大学生が利用できる留学の種類】

 

≪①短期留学≫

 

 

最も気軽に利用できるのがこの短期留学で、語学力を向上させるコースや異文化体験・交流のコースなど自分の利用目的に合わせてベストなものを選べます。

 

短期留学なので1週間~2ヶ月など日本の大学の夏休みや春休みを利用して渡航する人も多く、日程的にも非常に利用しやすいタイプです。

 

≪②休学留学≫

 

これは名前の通り日本の大学を休学して留学するもので、1年間などある程度長い期間留学をします。

 

日本の大学には籍を置いたまま留学を行い、留学で得た語学力やその他のスキルなどを生かして就職に役に立てるのが一般的でしょう。

 

ただ日本の大学によっては休学中の授業料やその他の費用がかかるところもあるので、お金がかかるのがデメリットになりその点はしっかり確認しておきたいものです。

 

≪③交換留学≫

 

交換留学は1年間など大学が提携する海外の大学で勉強するもので、海外の大学で取得した単位は日本の大学の単位に認められることが多いです。

 

そのため、1年間留学したとしても日本と海外の大学の合計4年間で卒業できることが多く大学生に人気の留学でもあります。

 

交換留学は誰でも利用できるものではなく一定の審査などがあり選ばれた学生のみが利用できることが多いので、しっかり勉強しておきましょう。

 

≪④ワーキングホリデー≫

 

これは先の休学留学時にも利用する学生がおり、ワーキングホリデーは厳密には留学ではありませんが提携の国で仕事をするのも良し、学校に行くのも良しな自由度の高いビザです。

 

留学先として人気の英語圏ならオーストラリアやカナダなどがあり、年齢も30歳未満までが要件としてなっている国が多く大学生にも人気の選択肢です。

 

もちろん自由度が高い分、どのように過ごすかは学生個人に限るので計画性と目的を持って時間を過ごしたいものです。

 

≪⑤インターンシップ≫

 

就職を控える学生が主に海外企業でインターンシップ制度を利用します。

 

そのため大学生ならではの留学制度であり、日本のインターンシップとは異なり3ヶ月以上の長期プログラムがあるのも特徴です。

 

インターンシップに参加するために日常的な英会話だけでなくビジネス英語も身につき幅広い知識が得られるでしょう。

 

【まとめ】

今日は、大学生が利用できる留学の種類について解説しました。

 

ここで紹介した他にもいくつかありますが、上記の5つが一般的なものなのでぜひ興味のある方は詳しく調べてみましょう。

 

後悔しない有意義な留学にするためにも、事前の情報収集が鍵になります。

無料相談実施中

\無料相談実施中! /

お探しの記事を検索する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学生の単位取得をサポートするための個別指導を提供しています。

大学や生徒のレベルに合わせたカスタマイズされた学習プランで、単位取得を効果的にサポートします。

生徒とのコミュニケーションを大切にし、彼らの学習の進度や状況を把握することで、適切なサポートを提供できるよう努めています。

目次