就職に強い?弱い?大学化学科の就職先

2021年11月23日

 

専門性が高い理系学部の就職先や率というのは気になる内容かと思います。

 

今日は、理系の中でも化学科にフォーカスして就職に強いのか弱いのか、そしてどのような職種に進む学生が多いのかについてわかりやすく解説します。

 

理系の化学科に興味のある方やすでに在学している方などぜひ最後までお読みください!

 

【化学科は就職に強いと言われている】

一般的に、理系の化学系は就職に強いと言われることがありますが、それは本当なのでしょうか。

 

答えは本当で、その理由として挙げられるのは化学系の学生は幅広い分野・業界に就職ができるからです。化学科で学ぶ知識というのはものづくりが基本で、これはどの製造業でも通ずるものがあるのでその知識が生きるということです。

 

化学科を卒業する学生は化学メーカーなどに就職をする人も多いですがその他の業種もよくあります。

 

【化学科系出身者の就職先】

では、具体的にどのような就職先に就いているのでしょうか。

 

  • 日立システムズ
  • 三菱自動車工業
  • NTT東日本
  • 住友理工
  • 三井住友銀行
  • オービック
  • 森永エンジニアリング
  • 千葉銀行
  • 日立化成
  • YKKAP
  • みずほファイナンシャル
  • 中学・高校教員
  • 地方公務員

 

など

 

特に学部卒の学生は年齢も若く様々な企業へ挑戦できるのでメーカー以外の就職先もあります。メーカーに就職した場合は技術営業か品質管理が多いようです。

 

仮に大学院まで進みメーカー企業に入るとその多くが研究開発職に配属されるようです。

 

≪化学科出身者の仕事内容≫

 

学部卒の場合は、先に述べた通り技術営業や品質管理、あとは製造工程などの仕事を行うことが多く、これは研究開発能力がまだ足りないと判断されるからというのが大きな理由です。

 

そのため学部卒でいきなり大手企業での研究開発職に就くことは難しく、仮に運よく就けたとしてもサポート役が多いでしょう。

 

修士卒など大学院を出ていれば、十分な研究経験があると判断されることが多く数年間の部署経験を積むことで研究開発職に就くこともあります。

 

また博士号の場合は、企業で研究に徹する他、博士号を使って海外で働く人も少なくありません。

 

【化学科の学生はどのように就職先を選べばいいか】

 

 

大学の化学科を卒業する学生は、どのように化学系の就職先を選べばいいのでしょうか。

 

大体、どのような職種が多くてどのような道に進むのかはわかっていただけたと思いますが、結局最後に決めるのは自分自身です。

 

まず大切なのは、「①自分のやりたい仕事を探すこと」です。たとえ、興味のある製品や事業を展開する企業でも実際に入ってみると内容が異なっていたり、また社名とは異なる事業内容を取り扱うという企業も少なくありません。

 

業種だけではなく仕事内容や職種にフォーカスして選ぶようにしましょう。

 

そして、「②研究開発費を確認」することも重要です。研究開発に関わりたいのなら大学と民間企業での研究開発費の違いを調べて、後悔のないようにしたいです。

 

企業によっては研究開発を外注していたり、開発部という名前でも仕事内容は異なる場合もあるのでどのくらい研究開発にお金を使っているのか、どのくらい研究開発を重視しているのか事前に把握しておきたいです。

 

いかがでしたか?今日は、大学化学科の就職に関する内容でした。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。