猫の手ゼミナール執筆の書籍が出版されました! 詳細はこちら

大学数学をYouTubeで勉強するのはアリ?

 

大学の理系学部や数学科などの進学すると、待ち構えているのが大学数学です。

 

文系学生でも学部によっては数学を勉強しますが、理系学生ほどではありません。いずれにしても、大学数学は高校までと比べて難易度が上がり専門性が高くなるので、苦戦する人も多いです。

 

今日は、そんな大学数学をYouTubeで勉強するのはアリなのかという内容です。

 

目次

【大学数学に苦戦する学生たち】

数学は、高校までにもある科目ですが、大学で理系学部に進んだ人や文系の経済学部に進んだ人も大学で数学を学びます。

 

文系の数学は理系の専門的に数学を学ぶ学部や学科に比べると難易度は高くありませんが、苦戦する人もいるはずです。

 

大学の数学の授業は、高校までのように先生も丁寧で学生の進度に合わせて授業を展開してくれるとは限りません。

 

大学での数学は、解放のコツなどテクニックを教えるというよりも数学者として教えるために必ずしも「わかりやすい」とは限りません。

 

これは大学数学の教授がどうこうという話ではなく、高校数学と大学数学の大きな違いでもあります。

 

【大学数学に遅れをとる学生の学習方法】

 

 

では、一般的に大学生はどのように数学の勉強をするのでしょうか。

 

これは高校までと同じように、基本的には予習と復習です。授業前にはしっかり学ぶ内容をチェックして、授業が終わった後は振り返って知識を定着させます。

 

これは、高校までの学習と基本的には同じで、時に教授や友人などに質問をすることもあるでしょう。

 

ただ、実際、これだけで授業についていけるならいいですが、大学数学は進度がはやくわからない学生に合わせるよりもわかっている前提で授業が進められるので、遅れを取り返せない学生が多いのも現実です。

 

≪YouTubeを活用する方法も?≫

 

大学数学に遅れを感じて一生懸命勉強をしても理解に到達できないこともあるでしょう。

 

そこで最近の大学生がよく活用する方法に、「YouTube」があります。YouTubeはご存知の通り、無料で誰でも利用できる動画配信サービスですが、大学数学の解説を行うチャンネルも多数あります。

 

1番のメリットは、映像で学べるため文字だけなく視覚的に理解できることです。また何度も繰り返し視聴できるので、自分の理解できない箇所を重点的に学び直せます。

 

あまりお金のない大学生にも優しく無料で利用できるのも大きなポイントです。すべての数学分野をYouTubeのみで学習できるわけではありませんが、YouTubeを活用することはいいと思います。

 

【理解しきれない場合は学習塾という選択肢も】

YouTubeを活用して大学数学の勉強をする、今の時代だからこそできる学習方法ですが、動画なので基本的に学生は説明を受ける側です。

 

何か質問があってもできないので、そこはYouTube学習の欠点といえるかもしれません。

 

もし、YouTube学習で理解できない場合などは、大学生向けの学習塾が質問をできておすすめです。

 

その道のプロが理解できるまで指導してくれるので、やはり効果が全然違います。当ゼミナールでも、大学生向け学習塾があり数学など大学生が苦戦する科目のサポートを行なっています。

 

「数学の授業についていけない」「単位を落としそう」など、大学数学の勉強で悩んでいる方はぜひ当ゼミナールまでお問い合わせください。

無料相談実施中

\無料相談実施中! /

お探しの記事を検索する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学生の単位取得をサポートするための個別指導を提供しています。

大学や生徒のレベルに合わせたカスタマイズされた学習プランで、単位取得を効果的にサポートします。

生徒とのコミュニケーションを大切にし、彼らの学習の進度や状況を把握することで、適切なサポートを提供できるよう努めています。

目次