大学レポートを最速で完成させるには

2020年11月08日

 

何かと時間のかかる大学レポートですが、できるだけ早く終わらせたいものです。

 

提出期限まで時間がなく焦る学生もいるかもしれません。今日は、そんな大学レポートを最速で終わらせる方法についてシェアします。

 

【大学レポートにかかる時間】

大学生になると、必ずと言っていいほどレポート課題が出ます。

 

これは、文系理系に関わらず、成績評価の一環としてあり、授業によっては試験よりも評価基準が高いものもあれば、低いものもあります。

 

いずれにしても、大学生にとってのレポートは成績にとっても、卒業論文に向けても、社会に出てからのレポートにしても役に立つスキルなので学生のうちにしっかり身につけておきたいものです。

 

大学レポートにかかる時間は、正直、学生によります。科目にもよりますし、速い人なら数時間で完成する人もいますし、1年生など書き慣れていない人は数日、それ以上かかることも珍しくありません。

 

いろいろ調べないといけないので図書館に行ったり、ネットで調べたりとそれも含めると結構な時間がかかるのが大学レポートです。

 

【大学レポートを最速で完成させる!】

 

 

まずやはり大切なのは、大学レポートの書き方をしっかり把握していることです。

 

序論・本論・結論など大学レポートには書き方のルールが存在するので、これに沿って主観や客観的事実を簡潔にまとめる必要があります。

 

おそらく、大学の授業ではこのレポートの書き方は丁寧に教えてくれないと思うので、自分で学び経験し身につけていかなければいけません。

 

書き方を知らないとどんなに時間をかけても終わらないのでまずはレポートの基礎を学ぶこと、もし「そんな時間はない」「提出まで残りわずか」など危機的状況にいる人は以下のことを意識してください。

 

≪レポート形式の指定の有無≫

 

授業によっては、教授からレポート形式の指定が入ります。参考文献の指定はあるかなど必ずこのように書いてくださいと指定がある場合は、当然ですがそのように書かなければいけません。

 

ただ、もし指定がない場合は、自由に書くことができます。もちろん、最低限の決まりはありますが、時間ない状況下では大きなメリットになります。

 

指定がないということは、本来使わなくてもいいことに時間を割く必要はなくなります。

 

参考文献の指定は大きく、例えば参考文献や課題図書が指定されていなければ自分の好きな参考文献で書くことができます。参考文献=図書館とイメージする人も多いですが、そこに行き調べてと、それだけでかなりの時間を使います。

 

指定がないのならネットから良質なものを使えばいいです。ネット情報はブログなどは推奨されていなく、できるだけ政府公認など信憑性のあるものを使いましょう。

 

他にも、少しでも時間短縮のために似たようなテーマの他レポートを参考にしたり、使い慣れているキーボードを使ったりするなどの方法もあります。あとは、コピペをうまく活用するのもよくて、コピペはダメですが引用はOKです。

 

引用ルールを守り必要に応じて行うと文字数を稼げて早く終わらせられます。引用ルールについては「知らないでは済まないレポートの引用ルール」を参考にしてください。

 

【まとめ】

いかがでしたか?今日は、大学レポートを最速で完成させる方法についてでした。

 

いつもいつもテクニックでやるのはアレですが、どうしようもない時はぜひ参考にしてください。

 

大学レポートは難しいですが、書き慣れたら問題ありません。恐れず将来のためと思って日々取り組んでください。きっとあなたの財産になります。