猫の手ゼミナール執筆の書籍が出版されました! 詳細はこちら

大学生の勉強場所に図書館が優れている理由

綺麗な図書館

 

大学生の勉強場所としてカフェや自習室などがありますが、今回は大学にもある図書館について書きます。

 

集中して効率的に勉強したいのなら図書館がおすすめです。

 

目次

【大学生の定番の勉強場所】

大学生は期末試験やレポート作成などいろいろ勉強しなければいけません。

 

自宅で勉強する学生は多いですが集中できないこともあると思います。どこかで友達らと一緒に勉強することもあるかもしれません。

 

大学生がよく利用する勉強場所は、

 

・カフェ

・ファミレス

・図書館

・自習室(レンタル自習室)

・自宅

・大学のラウンジ

・コンビニのイートイン

など

 

基本的に学生はお金がないのでカフェのように毎回何かを注文しなければいけない場所は普段使いには難しいかもしれませんが、上記の場所が一般的だと思います。

 

お金が一切かからない又は少額で長時間滞在できる場所が人気のようです。

 

中でも街中や大学にある図書館は昔から定番の勉強場所です。ここからは図書館が優れている理由について紹介します。(大学・街中問わず)

 

【大学生の勉強に図書館が優れている理由】

 

≪無料で利用できる≫

 

これはやはり大学生にとって大きくて、カフェであれば毎回コーヒーなど300円くらいかかります。

 

カフェは何か作業をしている人が多く集中できるBGM音楽も流れているのでいい勉強場所ですが、なんせお金がかかります。

 

コーヒーにはカフェインが含まれていて集中力を高めてくれますが毎回毎回利用するのには不向きです。

 

またどんなに集中しやすい環境と言ってもおしゃべりを楽しむ人もいるので場合によっては全然集中できない…ということもあります。

 

それに対して、図書館では基本的に私語厳禁で無料で利用できます。長時間いても何も言われないので大学生の勉強場所に最適です。

 

≪本の匂いは集中力アップになる?≫

 

棚に並んだ本

 

勉強に集中するにはモチベーションややる気が大切ですが環境を整えることも重要です。

 

例えば、匂いや香りには目に見えないものすごい効果があり集中力アップにつながります。

 

もしかしたら好き嫌いはあるかもしれませんが、図書館にある古い本の匂いって何となく勉強する気になりませんか?

 

あの何とも言えない古き良き紙の匂い、筆者はとても好きです。

 

≪自習スペースがあるところも≫

 

図書館によっては別途自習スペースが設けられているところもあります。普通の席でも十分集中できますが、勉強専用の場所の方がやはり集中しやすいです。

 

街中の図書館によっては普通の席での自習をお断りしているところもあります。

 

≪会話や飲食など’’余計な’’ことをできない環境≫

 

カフェや自宅だと友達にテキストをしたり通話をしたり、動画を観たりなどやろうと思えば何でもできます。

 

でも、図書館では友達と一緒に行ったとしても基本的に会話はできず何か食べることもできません。

 

勉強を捗らせたいのならいかに ‘’余計な’’ ことを排除するかがとても大切で、これはビジネス成功者などが実際に行っている集中力キープのコツでもあります。

 

図書館なら勉強Onlyの環境を作り出せます。

 

夏場とか暑い季節でも飲み物だけはOKとしている図書館が多いので心配ありません。こぼさないようにだけ気をつけてください。

 

場所によっては無料で利用できる給水機などもあります。

 

≪快適な空調管理≫

 

カフェやレストランなど場所によっては夏場ものすごい寒いことがあります。

 

なるべく客を長居させないためなどいろんな理由があるようですが、図書館はそんなことはありません。

 

むしろ地元のお年寄りの方も多く利用しているので基本的に快適な空調管理が行われています。

 

空調がよくない場合は一度係りの人に聞いてみてください。調整してくれると思います。

 

【まとめ – 大学生の勉強には図書館がいい!】

いかがでしたか?今日は大学生の勉強場所に図書館が優れている理由についてでした。

 

これからは大学や家の近くの図書館を利用してみてください。

無料相談実施中

\無料相談実施中! /

お探しの記事を検索する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学生の単位取得をサポートするための個別指導を提供しています。

大学や生徒のレベルに合わせたカスタマイズされた学習プランで、単位取得を効果的にサポートします。

生徒とのコミュニケーションを大切にし、彼らの学習の進度や状況を把握することで、適切なサポートを提供できるよう努めています。

目次