猫の手ゼミナール執筆の書籍が出版されました! 詳細はこちら

社会人に向けてしておくこと

【勉強への取り組み】

 外国の大学生は、勉強をするために大学へ入学します。しかし日本の場合、勉強よりも遊びのために大学へ来たという人たちが一定数います。もちろん勉強一辺倒になる必要はありませんが、浮かれて遊んでばかりいると単位を落としますし、頑張っている人たちとどんどん差が開いていくばかりです。企業が求めるのは即戦力になるような人間です。遊びにかまけてばかりいては、就職のときにかなり苦労するはずです。適度に遊びながらも、大学生の本分は勉強することにある、というのをいつも意識しておいてください。学問というのは、真剣にやれば楽しいものなのです。押し付けられた勉強ではなくて、自ら率先して学ぶという習慣を身につければ、どんどん学習意欲が湧いてきます。アカデミックなことに触れ続ける4年間というのは、気を引き締めれば引き締めた分だけ充実した内容になるのです。

 

【人生の計画】

 就職した後は、日常に追われて人生の計画を立てる余裕がなくなる人もいます。こういったことにたっぷり時間を費やせるのが大学の4年間なのです。ただ流されるままに漠然と生きていると、あっという間に年をとっていきます。そうなってから過去を振り返り「もっと色々なことをしておいたらよかった」と後悔したところで、取り返しがつかないのです。人生の目標や計画を持つことは、とても大切です。「どういった仕事をしながら、どれくらいの生活をして、いつまでに結婚する」という具体的な目標を立てることを意識して生活するのです。もちろん計画通りにいかない面もあるのが人生です。しかし無計画に生きるよりも、練った計画のある人間の方が圧倒的に身が入った暮らしを送れるものなのです。

 

【時間への考え方】

 『時は金なり』という言葉がありますが、『時は命そのもの』といった捉え方をする人たちもいます。それだけ時間に対する考え方というのは、生きる上で欠かせないものなのです。社会人になると驚くほど忙しくなります。これまではゆったりと使えていた時間が、どんどんなくなっていくのです。目の前にある物事に追われる日々を誰もが経験するはずです。労働が猶予されている期間である、大学生のときにこそ「何に優先して時間を使うのか?」についてじっくりと考えるのです。年を重ねると時の経つスピードがどんどん速く感じます。そうなる前に「この時間の使い方は、はたして正しいのか?」と吟味する習慣を持つ必要があるのです。

 

無料相談実施中

\無料相談実施中! /

お探しの記事を検索する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学生の単位取得をサポートするための個別指導を提供しています。

大学や生徒のレベルに合わせたカスタマイズされた学習プランで、単位取得を効果的にサポートします。

生徒とのコミュニケーションを大切にし、彼らの学習の進度や状況を把握することで、適切なサポートを提供できるよう努めています。

目次