大学一年生の過ごし方

2016年03月20日

【目標単位数の設定】

 何でも言えることですが、スタートの時期というのはやる気がみなぎっています。これは大学生になりたてのころも同じなのです。この頃の湧き出る、強烈なモチベーションを利用しない手はありません。目標単位の設定をしたら、猛烈に勉強しましょう。高校生活の習慣がありますので、一限目の授業に出ることも苦ではないのがこの時期なのです。一年生時の目標単位数ですが、50ほどに設定しておきます。前期で25単位後期で25単位を取って、合計すれば50単位となります。これくらいの単位を取得しておけば、二年生からの単位取得が楽になるのです。良いスタートを切れたら、できるだけその勢いを維持できることを意識してください。もし一年間、同じペースで勉強できれば、きっと四年間続けることだってできるはずです。

 

【友人を探す】

 大学生になった目的は、もちろん勉強をするためです。しっかりと単位を取り続けるに越したことはありません。だからと言って勉強のみを頑張るのでは、少々味気ないキャンパスライフとなってしまいます。勉強のやる気を得るためにも、普段仲の良い友達と楽しんでリフレッシュする必要があります。大学生活というのは、人間関係が成績にまで及びます。ノートの貸し借りやテストの出題傾向を知るときなどは、仲間が多ければ多いほど有利になるのです。では具体的にどうすればいいかなのですが、自分から積極的に話しかけるしかありません。話しかけた相手全員と仲良くなれるわけではありませんが、それでも何人か馬の合う人たちが見つかるはずです。ポイントは自然体で話しかけつつ笑顔を心がけるということです。人は笑顔を向けられると自分も笑顔になってリラックスするという性質があります。緊張しやすい人は、一人でいるときに笑顔で話しかける練習を何度もしておくことをおすすめします。そうしておけば、いざ話しかけるときにすっとできるようになります。

 

【夏休みの旅行】

 大学生の夏休みは、二ヶ月もあります。この期間は単位のことを忘れて思いっきり楽しんでください。仲の良い友達ができたなら、一緒に旅行へ行くのがおすすめです。まだ仲良くなりたての場合、旅行という共通の経験をすることで一気に親睦が深まることがあります。普段は言えないようなことでも、気分が高揚している旅行中だったら言えたりするのが旅行の醍醐味なのです。近距離の場合、二日ほど確保しておけば、旅行へ行くことができます。この時期に行った旅行は一生の思い出となるはずです。運転免許がある場合は、車を使うのもいいです。きっと味わい深いものがあります。もし旅先で理想的な異性との出会いがあったりすれば、そこからドラマティック日々が始まるかもしれません。