日本にいながらアメリカの大学の単位を取得する方法

2019年08月25日

 

「アメリカの大学の単位を取得したいなら、アメリカの大学に留学する」、これはある意味当たり前ですが、現代では何もこれだけではありません。

 

今回は、日本にいながらアメリカの大学の単位を取られる方法について紹介します。

 

興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

 

【オンライン教育が進むアメリカ】

アメリカには世界的に有名な大学が数多くあり、世界中から優秀な人が集まってきます。

 

アメリカは日本人にとっても人気の留学先の1つです。

 

しかし、海外留学は誰でも簡単にできるものではありません。特にアメリカの大学は授業料が高いです。

 

留学できない人はアメリカの大学の単位を取られないのかというと決してそうではなく、今の時代は「オンライン」でアメリカの大学の単位を取得できます。

 

実際、アメリカのオンライン教育は世界的に見てもかなり進んでおり授業の質は高く科目数も豊富です。

 

最新のテクノロジー技術を採用しており、オンライン授業であっても教室での授業と差が出ないように工夫されており多くの人がオンライン授業で日々学んでいます。

 

【オンライン授業で取得した単位は卒業単位として認可されるのか】

オンライン授業について多くの人が持つ疑問として、取得した単位はちゃんと卒業単位として認められるのかということです。

 

結論から言うと、オンラインであっても大学レベルの科目なら卒業単位として認可されます。

 

アメリカの大学にはそれぞれの科目に科目番号というものが振り分けられており、それが100番以上であれば「大学レベル」ということになります。

 

あとは、そのオンライン授業を開講している大学がちゃんと認可されている機関なのかも確かめる必要があります。

 

【アメリカのオンライン授業の一般的なスタイル】

たくさんのオンライン授業がありますが、一般的な流れを紹介します。

 

≪その1:リアルタイム授業≫

 

昼間仕事をする人なども参加できるように授業は平日の夕方に行われることが多いです。

 

アメリカとの時差の関係で日本から受講する場合は、現地時間に合わせて行動する必要があります。

 

また、クラスメートとのコミュニケーションツールとしてチャット機能があり、授業の話から世間話まで気軽に会話できます。

 

≪その2:課題≫

 

 

オンライン授業でも当然、レポートやプレゼン、グループワークなどの課題があります。

 

グループワークなど実際に会ってやり取りをするわけにはいかないので、電話やメールなどで連絡をすることが多いです。

 

相手の顔を見て話したい場合はビデオ通話などを使うと便利です。

 

≪その3:掲示板を使う≫

 

オンライン授業では定番の掲示板、これはいわゆるディスカッション・ボードと呼ばれるもので授業の課題についての意見やクラスメートへの意見などを述べる場所です。

 

お互いに意見を出し合うことで新たな気づきの発見につながります。

 

≪その4:スクーリング≫

 

日本の通信大学でもあるスクーリングですが、アメリカの大学でもあります。

 

教授の講義や学生のプレゼンだけでなく学生らの交流イベントなどが開催されています。

 

科目によってはスクーリングへの出席が義務付けられていることもあります。

 

【まとめ】

いかがでしたか?今回は、日本にいながらアメリカの大学の単位を取得する方法についてでした。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。