猫の手ゼミナール執筆の書籍が出版されました! 詳細はこちら

慶應義塾大学法学部で取得できる資格

慶應義塾大学の人気学部の1つである法学部。

法学について専門的に学び、卒業後は一般企業をはじめ裁判官や弁護士などの法曹、公務員など様々な分野で活躍します。

今日は、そんな慶應義塾大学の法学部で取得できる資格について解説します。

目次

【慶應義塾大学の法学部の特徴】

法学部というのはその名の通り、法学について学ぶ学部ですが、慶應義塾大学の法学部では法律を専門に学ぶ「法律学科」と政治を専門に学ぶ「政治学科」の2つに分かれています。

法律と政治というのはお互いに連携し社会を形成しており、法律学科では法律を主に政治についても深く学び、政治学科では政治を中心に法律についても学びます。

また社会のルールを作るのには法律や政治だけでは不十分ですので、慶應義塾大学では歴史や自然科学、そしてグローバルに活躍するための外国語の習得にも力を入れています。

現代社会で活躍するために必要な知識を幅広く徹底的に身につけるのが慶應義塾大学の法学部の特徴といえるでしょう。

≪キャンパスは日吉キャンパスと三田キャンパス≫

法学部の1~2年生は日吉キャンパスで学び、その後、歴史と伝統が刻まれた三田キャンパスにて大学の後半を過ごします。

多くの大学では学部ごとにキャンパスが分かれていますが、ここはどちらのキャンパスも経験でき、大学4年間でそれぞれ違ったキャンパスライフを楽しめるでしょう。

【慶應義塾大学の法学部で取得できる資格】

法学部ではどのような資格を取得できるのでしょうか。

学生の中には単に授業をこなすだけでなく、将来の視野を広げるため何かしらの資格を取りたいと考える人も少なくないでしょう。

公式ホームページには下記の資格が記載されています。

・中学校、高等学校教員免許(社会、地理歴史、公民)
・司法試験(弁護士、裁判官、検察官)
・公務員試験
・公認会計士試験
など

順番に解説します。

≪中学校、高等学校教員免許(社会、地理歴史、公民)≫

これは教員で、教職課程を履修している人は少なくないでしょう。

法学部ということで社会や地理歴史、公民の先生になられ子どもの教育に携われます。

自分の好きな学問を小さな希望である子どもに教えられるのはやりがいがあります。

≪司法試験(弁護士、裁判官、検察官)≫

ここから取り上げるのは卒業後に学生がチャレンジできる資格です。

まずは司法試験で、弁護士や裁判官などを目指せるもので非常にレベルが高い難関資格として認知されています。

≪公務員試験≫

公務員試験に挑戦する人もいます。

職種上、安定しており将来設計が立てやすい昔から人気の職業ですが、法学部を卒業することでここも目指せます。

≪公認会計士≫

公認会計士は、会計監査のプロフェッショナルです。

会計がない会社はなく、その会計に関わる資格の中でトップレベルの公認会計士は財務諸表監査をはじめ財務・経理、株式公開支援、会計コンサルティングなどその仕事内容は多岐にわたります。

ここで紹介した他にも、英語関連や簿記、旅行系など大学生が一般的に目指す資格の取得ももちろん可能です。

学業スケジュールを考慮して勉強時間を確保したいものです。

【まとめ】

今日は、慶應義塾大学の法学部で取得できる資格について解説しました。

学部を出るだけで自動的に付与されるというよりは法学部という専門知識を生かして取得できる資格が多く、どれも社会で求められる重要なものばかりです。

それ故、難易度は高く大変ですが優秀な慶應義塾生でも資格を持っていると就職活動時に他の学生よりも有利に働くことがありますのでおすすめです。

無料相談実施中

\無料相談実施中! /

お探しの記事を検索する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学生の単位取得をサポートするための個別指導を提供しています。

大学や生徒のレベルに合わせたカスタマイズされた学習プランで、単位取得を効果的にサポートします。

生徒とのコミュニケーションを大切にし、彼らの学習の進度や状況を把握することで、適切なサポートを提供できるよう努めています。

目次