猫の手ゼミナール執筆の書籍が出版されました! 詳細はこちら

学生のうちに取っておきたい資格(理系編)

目次

     

【理系の資格は何のために?】

 大学生の間は社会人になるための準備をする期間として活用する事が大切なのですが、その中のひとつとしてやっておいた方がいいのが役立つ資格の取得です。どのようなものが役立つ資格なのかというのは自分たちが目指している企業や業種の分野によって異なっており、例えば理系の場合は研究・開発、技術・設計、生産・製造・エンジニア・技術営業・金融系など幅広い分野が理系の業種として認識されているので、それに関連する資格が役立つものとしておすすめされるわけです。

 

【大学生が狙える資格】

 実際に理系で大学生でも取得できるような役立つ資格としては、基本・応用情報技術者試験の上位に位置しているとされる国家資格の情報セキュリティスペシャリストやデータベース管理システムで世界トップのシェアのOracle Databaseの管理・運用をするためのオラクルマスター、知的財産を適切に管理・活用することができるとされている知的財産管理技能士などがあります。これらの資格のメリットとしては全国的にも取得している人が少ないのに対して需要が確かに存在していると言うところであり、用途が特化しているにもかかわらず幅広い分野で活躍する事ができるというところもメリットになります。

 また非常に難関ではありますが、特許や実用新案などの知的財産権に関する法律のプロフェッショナルである弁理士も理系の役立つ資格としておすすめされいます。知的財産権に関して注目が集まっている今だからこその需要の高さが保証されている資格となっています。

 

【活用できるか、無理なくとれるか】

 このように大学生の頃から取得できて就職活動にも有利になりやすい資格はいくつかあるのですが、選び方としてはまず自分が目指している業種の中で活用できるものがどのような資格なのかという情報収集をすることが大切になります。また現在需要があるというだけではなく、自分たちが社会人となって働く頃にも需要が安定している資格がどれなのか・今後需要が高まっていくのはどのような資格なのかというところを先読みして取得するようにすると言う事も大切になります。

 さらに重要なのは理系の資格のほとんどが試験を必要としているものであると言うところで、取得するためには勉強方法を考える必要が在ります。普段の大学での講義や研究などの時間も確保しながらどの程度の勉強時間の確保ができるのかというところも、自分が取得できる可能性のある資格の選び方としては意外と大切なポイントとなっているので無理をせずに範囲を定める事も大切です。

無料相談実施中

\無料相談実施中! /

お探しの記事を検索する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学生の単位取得をサポートするための個別指導を提供しています。

大学や生徒のレベルに合わせたカスタマイズされた学習プランで、単位取得を効果的にサポートします。

生徒とのコミュニケーションを大切にし、彼らの学習の進度や状況を把握することで、適切なサポートを提供できるよう努めています。

目次