猫の手ゼミナール執筆の書籍が出版されました! 詳細はこちら

大学化学科の学生におすすめのインターン先

就職活動への準備として、適性検査や面接対策などがありますが、他にインターンへの参加もあります。

大学生がインターンに参加することで、その企業について知れたり、業界について把握できたり、やりがいを肌で体感できたりと様々な利点があります。

今日は、大学の化学科の学生にとってのおすすめのインターン先について解説します。

この記事を読むことで、インターンに参加する意味やメリットなどもわかります。

目次

【大学生がインターンに参加するメリット】

大学生の中には、希望する企業のインターンに参加する人がいます。

実際、大学生の大部分が参加するわけではなく、ある調査によると4割程度の学生が何かしらのインターンに参加しているようです。

大学生がインターンに参加するメリットは大きく3つあります。

≪希望業種を実際に体験できる≫

「製造業界に入りたい」と思っていろいろ調べていても、全てを把握することはできません。

それは当然で実際にその業界に入り業務をこなすことで細部まで把握できるのですが、インターンをすることで入社前に実際の業務を体験できます。

ただもし希望企業があってそこでインターンを実施していなくても、別の同じ業種先でインターンを体験することで大体の中身がわかります。

≪就活で有利になる≫

インターンに参加することで、その経験自体が就職活動で有利に働くことがあります。

特に長期インターンを経験すれば他の学生よりも評価が高くなることがあり、それが内定に影響するかもしれません。

企業側からしても全く実務経験のない学生よりも少しでもある方が戦力として捉えやすいでしょう。

≪自分の不向きがわかる≫

自分自身はこの業界が向いている、この職種が向いていると思っていても、実際に業務を経験することで弱点などが見つかります。

もしインターン中にわかれば、就職をして後悔することを防げますし、自己防衛にもなります

自分自身で就職活動において何が重要で何を優先するか、何を基準に選ぶかなどをわかっていないと適切な選択肢は選べないものです。

自分自身を知るという意味でもインターンにはメリットがあります。

【大学化学科の学生におすすめのインターン】

では、理系の化学科の学生にはどのようなインターン先がいいのでしょうか。

前提としては、自分のやりたいことを優先して選ぶべきですが、もしわからなかったり、どのように化学の知識を活かせれるかわからない場合は下記の選択肢を参考にしてください。

≪製造業界≫

製造業界というのは、化学工業だけでなく繊維工業、紙加工品製造業、石油製品製造業、プラスチック製品製造業なども含みます。

物質を使って製品を生み出す企業であり、化学の知識やスキルが求められています。

実際、化学科の学生にも人気の就職先です。

≪化粧品業界≫

化粧品業界も化学科の学生には人気があります。

特に研究や開発職として活躍する人が多く、研究者たちは新技術を開発するために日々研究に取り組みます。

非常にやりがいがあり、ここに進みたいという化学科の学生も多いでしょう。

≪製薬業界≫

お薬を作り販売する製薬業界ですが、医療にとって欠かせない仕事です。

膨大な研究費用がかかるので大規模な企業が多いのが特徴で、将来的にも安定しているでしょう。

学部卒の場合は研究実績が少ないのでいきなりそれらの職種に就くことは難しいかもしれませんが、タイミングが合えばサポート役として働けます。

大学院卒であれば研究開発職に就くのはそう難しくありません。

【まとめ】

今日は、大学化学科の学生におすすめのインターン先について解説しました。

インターンに参加することで実務経験をできたり、自己発見ができたりと様々なメリットがありますので、興味のある人はぜひこの機会を利用してみましょう。

では、本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

無料相談実施中

\無料相談実施中! /

お探しの記事を検索する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学生の単位取得をサポートするための個別指導を提供しています。

大学や生徒のレベルに合わせたカスタマイズされた学習プランで、単位取得を効果的にサポートします。

生徒とのコミュニケーションを大切にし、彼らの学習の進度や状況を把握することで、適切なサポートを提供できるよう努めています。

目次