大学数学対策

 

数学の単位が取れない学生や授業についていけない学生のコースです。

 

高校の頃に数学3まで学習したけど、本格的に勉強しなかった学生や、そもそも数学を高校範囲から勉強が分からない大学生などが対象です。多くの学生が推薦入試やAO入試で大学に入学後に勉強が分からなくなるケースがあります。遠慮なく、相談してください。

 

特に工学部系の学生、医療系の学生、薬学系の学生など幅広く申し込みがあります。所属大学、履修予定の教授に合わせて指導のカリキュラムを組んでいくので安心して大学の対策ができます。

 

とにかく単位が取れなくて困っている学生や不安な学生は遠慮なく、相談してください。

数学コースの特徴

≪指導に関する4つのポイント≫

大学の授業に合わせた指導

大学数学コースでは、所属大学、担当の教授、大学で利用している教材をベースに指導していきます。その為、大学の授業に合わせた学習が可能です。また、レポート課題が出た時や宿題が出たときは先生と一緒に課題を解くことも可能です。教材も大学の教材をベースに指導を行うので高額な教材販売は一切ありません。

柔軟な指導日程の調整

部活の大会で欠席する場合やバイトの都合で決めた曜日に指導を受けられない場合などは柔軟に指導日程の変更が可能です。また、中間テストや期末テストの前に集中して指導をしてほしい場合などに指導時間を増やすことも柔軟に可能です。

指導時間外でも質問が可能

自宅で数学の復習をしているときに先週の指導してもらった内容が分からないときはLineというSNSを利用し、担当の先生に何度でも質問が可能です。大学で数学の課題が出た時に、答えが正しいか不安だったり、試験前に急ぎで答えの確認をしたい場合など、いつでも気軽に質問が可能です。(基本プランに含まれていますので追加料金もかかりません)

優秀な講師の指導

指導を受けてみて、先生との相性が悪い場合や教え方が自分に合わない場合は何度でも無料で先生の変更が可能です。そのため、安心して指導を受けられます。また、他の塾や予備校では高校範囲までの指導しかできない先生が多いですが、猫の手ゼミナールは大学範囲の指導まで可能な優秀な先生しか採用しておりませんので講師の質も自然と良い先生が集まります。

大学数学対策コースの受講生からの声

 

近畿大学  理工学部 Y.Nさん  受講科目:微分積分学、線型代数学

 

数学に苦手意識があったけれども多少は改善されました。先生が一つ一つの解説をしっかりしてくれた上に証明も一からやってくれたのでわかりやすかったです。予定の変更や宿題の内容などの質問が柔軟にできたことも助かりました。お陰で単位が取れそうなのでよかった。また、行列に対しての苦手意識が全くなくなりました。最初は割とサクサク進むのでついていけるか心配ではあったけど、やってみると、わかりやすく教えてくれて凄く出来るようになった。


日本大学  理工学部 K.Oさん  受講科目:微分積分学

 

複雑な微分積分が解けるようになったので受講した成長を感じました。担当の先生が、わかりやすく、細かい所まで指導してくれたので良かったです。また、時間内に終わらなかった問題をラインで聞けたのもよかった。何より数学の自信がつきました。


東京電機大学 未来科学部  I.Oさん  受講科目:微分積分学

 

解けなかった高校範囲の問題から少しずつできるようになりました。また、 どんどんと先に進まずに、わかるようになるまで丁寧に教えてくれたので良かったです。


東京大学 理科2類  K.Aさん  受講科目:数学

 

お陰で過去問の類題が解けるようになりました。また、定理の説明をわかるまで教えていただけた。切羽詰まっていたので、利用してよかったです。また、近くの駅で指導していただけたので時間の節約になりました。


明治大学  総合数理学部  M.Mさん  受講科目:微分積分学

 

全然分からなかったものを1から丁寧に教えてくださって本当に感謝です。凄い授業も面白くて、なおかつ優しく丁寧に教えてくださり、理解しやすかったです。


工学院大学 情報学部   E.Kさん  受講科目:微分積分学

 

自分で理解できるようになりました。何より優しく指導してくれました。


津田塾大学  数学科  N.Hさん  受講科目:微分積分学

 

分からない問題が解けるようになりました。教えるときにグラフとか書いてくれて理解しやすかったです。テストが迫ってるとどうしても授業で聞きそびれることがあるので、lineなどで質問できるのがとても便利だと思いました。


青山学院大学  理工学部  W.Tさん  受講科目:微分積分学

 

もともと例題を元に解いてきたところ、抜けていた基礎の部分などをしっかりと理解できたことによって問題をより解けるようになりました。しっかりと自分の抜けているところを見抜き、基礎から教えてくださりました。


京都工芸繊維大学 情報工学課程  M.Oさん  受講科目:微分積分学、線形代数

 

わからないところが理解できるようになりました。学校の過去問の解説などもしてくれたので期末試験に活かせたので良かったです。


帝京大学診療 医療学部   M.Kさん  受講科目:微分積分

 

どんな問題でも解けるようになりました。また、図が多くて丁寧でわかりやすかったです。


電気通信大学  電子工学科  K.Nさん  受講科目:解析学

 

苦手科目だったがある程度問題が解けるようになりました。指導がとてもわかりやすかったうえに、おすすめの参考書を教えてもらったりしたので理解をより深めることが出来ました。


高知工科大学 環境理工学群 S.Aさん  受講科目:幾何学概論

 

幾何学についての考え方が分かりました。試験が難しかったので、単位が取れると思っていなかったので、取れてよかったです。


東京理科大学 理学部  T.Sさん  受講科目:線形代数

 

根本的な部分から理解できたことが増えました。わかりやすい例を多用してくれ、自分が理解できるまで何度も教えてくれました。とりあえず進級できたので、この調子で今年度も頑張っていきたい。


 

大学数学対策コースの良くある質問

 

≪中学レベルの学力しかないのですが大丈夫でしょうか?≫

大丈夫です。弊社の受講生で実際に約3か月の期間で中学レベルの因数分解からできなかった学生さんが単位を無事に取得できたケースは数多くあります。

 

≪高校範囲の復習からやってもらえますか?≫

もちろんです。高校範囲の復習を希望する場合は遠慮せず話していただければ、先生も高校範囲の復習も含めた上での指導を行います。

 

≪他の予備校との違いは何でしょうか?≫

大部分の塾や予備校は高校範囲までの指導しかしません。また、大学受験と根本的に異なるのは大学の授業はシラバスという明確な到達ラインがあります。そして弊社では大学の指導内容に沿って指導をするので無駄なく単位が取れます。

 

≪3ヶ月で本当に伸びるのですか?≫

そもそも、大学受験と大学の単位取得の学習法は明確な違いがあります。大学受験は何が出るか分からないなかでの学習ですが、大学の単位取得は何がでるか分かるという違いがあります。また、大学受験は落とすためのテストですが大学のテストは学習したかの確認のテストです。その為、3ヶ月という期間でも必要な学習を適切に行えば十分に単位の取得が可能です。(実際に多くの受講生が取れています)

 

≪演習の授業の単位が取れません、対策はできますか?≫

できます。大学における演習系の授業の多くが生徒に前に出て板書させる形で授業が進み、この平常点が非常に大きな割合を占めています。その為、演習の授業では先生と一緒に課題を解いて宿題を一緒にやることが出来るので、ほぼ100%に近い平常点が取れますので、かなりの確率で単位が取得可能です。

 

≪受講して、単位が取れないケースはありますか?≫

率直にいえばあります。単位を落としてしまうケースとしては、弊社に入塾前の段階で中間テストが終わってしまって点数が低い場合です。また、週に1回の個別指導を受講せずスポットで試験前指導の場合です。まれにあるケースはやり方は完璧に分かるのに計算ミスをしてしまって単位を落としてしまうケースです。基本的に週に1回の個別指導を受けていて、計算ミスなどがない状態で単位を落とすケースは少ないです。とにかう、早めの受講をお勧めします。

 

≪どのレベルまで指導が可能ですか?≫

理系の通常の大学の数学の指導は全て可能です。多くの理系大学では、微分積分学1、微分積分学2、微分積分学3、線形代数1、線形代数2、線形代数3、解析学1、解析学2、解析学3、微分方程式1、微分方程式2などを必修科目か選択科目で行いますが、これらの指導は全て可能です。また、他の数学の科目でも指導可能な科目が多いです。注意点としては数学科の学生の場合は特殊な範囲の学習のケースもあるので事前に無料学習相談で確認をお願いします。

 

≪保護者への報告はありますか?≫

他の科目と同様に、毎月、指導の報告書を保護者様には送らせて頂きます。報告書の中には指導内容の詳細や指導にあたり気が付いた生徒の私生活の部分なども報告させて頂きます。(保護者と学生の双方に送らせて頂きます)

※特に、一人暮らしの大学生の場合、大学に行けてないことを保護者が把握してないこともございますので遠方に住んでいる保護者様にとっては非常に重要になります。また、この際に気になることがありましたらメールで連絡いただければ担当のスタッフからお電話で指導状況の報告などもさせて頂くことが可能です。

 

指導範囲

 

通常の理系大学で必修科目である「微分積分学1」、「微分積分学2」、「微分積分学3」、「微分積分学A」、「微分積分学B」、「微分積分学C」、「線形代数A」、「線形代数B」、「線形代数C」、「解析学A」、「解析学B」、「解析学C」などは全て指導可能です。その他の科目でも「微分方程式1」、「微分方程式2」などの専門科目も対応可能です。

 

他の専門系科目も指導可能ですので無料学習相談の際に確認してください。

(補足)数学科の学生の場合、指導内容が特殊になるケースがありますので事前に相談してください。