通信制大学対策

通信制大学の学生向けのコースです。先生と一緒に希望の科目のレポートを仕上げていくコースです。

 

このコースの受講は社会人の学生が多くいます。また、レポートが上手く書けない学生が対象です。

 

通信制大学コースの特徴

通信制大学の課題に合わせた指導

通信制大学のコースの希望の大部分は、実際に提出するレポートを事前に見てアドバイスを欲しいという要望が多いです。その為、弊社では指導を希望する該当科目の提出予定のレポートを学生さんと一緒に考え仕上げていくというスタンスです。(※代理作成は出来ませんのでご了承ください。)

柔軟な指導日程の調整

部活の大会で欠席する場合やバイトの都合で決めた曜日に指導を受けられない場合などは柔軟に指導日程の変更が可能です。また、中間テストや期末テストの前に集中して指導をしてほしい場合などに指導時間を増やすことも柔軟に可能です。

指導時間外でも質問が可能

自宅で学習をしているときに先週の指導してもらった内容が分からないときはLineというSNSを利用し、担当の先生に何度でも質問が可能です。(基本プランに含まれていますので追加料金もかかりません)

優秀な講師の指導

指導を受けてみて、先生との相性が悪い場合や教え方が自分に合わない場合は何度でも無料で先生の変更が可能です。そのため、安心して指導を受けられます。

通信制大学対策コースの受講生からの声

 

法政大学 通信制課程 H.Nさん  受講科目:レポート指導

 

社会人で受講しました。レポートの再提出が多く、書き方が全く分からなかったので相談をしました。勉強のモチベーションアップやペースメーカーとしても利用させて頂きました。ありがとうございました。


 

通信制大学コースの良くある質問

 

≪社会人でも受講可能でしょうか?≫

通信制大学コースの場合は社会人の方からの申し込みの方が割合としては多いので安心して相談してください。

 

≪代理でレポートの執筆はできますか?≫

申し訳ありませんができません。代理でのレポート執筆の場合、後日、卒業の資格の剥奪などの可能性もありと思いますので原則、学生側が書いたレポートの添削やアドバイスとなります。

 

≪レポートの書き方が根本的に分かりませんが大丈夫でしょうか?≫

大丈夫です。大学のレポートには基本的な書き方のルールがありますので、その基本から指導します。

 

≪専門科目のレポートのアドバイスは可能でしょうか?≫

科目によります。通常の4年制大学の場合は、レポートの内容が、ある程度、基準化されていますが通信制大学の場合は在籍している大学の学部、学科、取りたい資格により幅があるためです。その為、具体的な授業内容に関するレポートのアドバイスは無料学習相談の際に指導可能かの確認をさせて頂きます。

 

≪再提出になったレポートのサポートは可能でしょうか?≫

可能です。通信制大学のレポートは採点の基準が曖昧な科目が多くあります。その為、1度目の提出は採点の基準を知るためという感覚で大学側へのレポートの提出をお勧めします。

 

 ≪レポートの添削だけの申し込みは可能でしょうか?≫

現在の学生側の状況により違います。レポートの添削のみですと該当科目の内容がカバーできない可能性があり、再提出が連続する危険性があるためです。スカイプでの指導も可能なので可能な限り直接の指導をお勧めします。

 

≪社会人です。会社に知られたくないのですが可能でしょうか?≫

もちろん可能です。例えば、芸能系、スポーツ系、芸術系の場合、仕事をしながらの卒業資格を目指す場合も多くあります。個人の申し込み情報を許可なく外部に実名で公開することはありませんので安心してください。

 

≪社会人の場合の報告はどうなりますか?≫

社会人で申し込みのお金をご本人様が支払う場合は報告書を本人のみに郵送することは可能です。また、芸能、芸術、スポーツ系で会社で契約をされる場合は会社様と本人に送ることも可能です。事前にご相談いただければ柔軟に対応させて頂きます。

 

指導範囲

 

通信制大学の指導科目は非常に範囲が多岐にわたりますので、必ず、事前に無料学習相談で該当の科目が指導可能かの確認をお願いします。

 

また、通信制大学の場合、大学側の先生の評価基準が統一されていないケース多く、弊社の先生と一緒にレポートを作成しても必ず一回でレポートが通るものではありません。

 

あらかじめ時間に余裕をもって申し込みをして下さい。