コラム

2019年

01月

16日

のぞいてみよう!アメリカの大学の期末試験

  日本で大学に通う皆さんは、そろそろ学期末試験(定期試験)が目の前に迫って来る頃だと思います。   今日は、アメリカの大学の期末試験についてお話しします。   勉強の合間の息抜きにでも読んでみてくださいね。   アメリカの学期制度   アメリカの大学の年度は9月に始まり翌年の5月まで。   多くの大学ではセメス...

2019年

01月

14日

大学で有機化学を学びたい人に

  有機化学とは   例えば生物や物理に比べて、有機化学という分野がどのような対象を取り扱うのかについて、一般にはそれほど知られていないのではないでしょうか。   有機化学は、薬学部・理学部・工学部・農学部、ほとんどの理系学部にまたがる一大ジャンルです。   ですから、「有機化学を学びたい」と考える人は、上記のどの学部に進んでもいいわけです...

2018年

12月

26日

ディスカッションを円滑に進めるために

  大学生になると、自分の考えを論理的に他の人に説明したり、グループで一つのテーマについて話し合う機会が増えます。   授業によっては、グループで話し合ったことを全員の前で発表する形式のものもあります。   受け身がちだった高校生までとは違い、大学では自発的な姿勢が求められます。   特に自発的な姿勢が求められるのは、ディスカッションの場で...

2018年

12月

23日

理系学生必見!研究室選びのコツ

  国公立大学や難関私立大学の理系学部に在学する学生であれば、必修科目に卒業研究が含まれています。   これは3年または4年次から研究室に所属して、専門性の高い研究を行って卒業論文を作成するものです。   就職をする場合には、卒業研究の指導教官の人脈で就職が決まるケースもありますし、大学院に進学する場合は、基本的に学位を取得するまで同じ研究室に配属されて...

2018年

12月

15日

理系学生にとっての外国語

  理系に外国語が必要な理由   外国語は文系の人だけが勉強をしていたらいいと考えている人がいますが、それは大きな間違いです。   理系学生や研究者が外国語を使う機会は想像以上に多くあります。   理系に外国語が必要な理由の一つに、英語で書かれた論文を読む機会が多いということがあげられます。   研究者は論文を読まないといけま...

2018年

12月

13日

文系学部に進学したら理系分野とはおさらばできる?

  高校時代に文理選択をする際、「数学が苦手だから文系を選択した」という人もいるのではないでしょうか?   そして文系の学部に進学したら、もう理系の勉強はしなくていい、と考えている人もいるのではないでしょうか?   本当に理系の科目はもう勉強しなくてもいいのでしょうか?   文系と理系の関係について見ていきましょう。   文系...

2018年

12月

7日

看護学部と看護学校、どちらを選べばいいの?

  看護学部とは?   看護学部とは、医療系の大学の中に設置された学部であり、いわゆる看護大学と同じ、4年制大学で看護を学ぶ場です。   どんな学科があるの?   従来は看護学部の学科としては看護学科が主でしたが、現在では保健学科など助産師や保健師などを専門的に学ぶコースも用意されています。   4年制大学ですので、一般教養に...

2018年

12月

6日

教員免許を取得するまでの道のり

  学校の教師を目指す人はどの世代にも一定数存在し、実際に教師になる人も多いです。   教師になるためには教員免許が必要であり、教師になるつもりはなくても一応とっておきたいという理由で教員免許を取得する人もいるほどです。   教員免許を取得するには教職課程をクリアしなければならず、通常のカリキュラムとは別に講義を受けることになります。   ...

2018年

12月

4日

集中力を高める方法4選

  レポートや課題の作成、実験、試験勉強・・・。   大学生になると自由が増える分、ついつい娯楽に勤しんでしまいがちですが、効率良く物事をこなしていかなければいけない場面も少なからずあります。   効率良く物事をこなすためには、集中力がとても重要になってきます。   集中力を高めるにはどうしたら良いのでしょうか。   方法1:...

2018年

12月

2日

全国の大学にある珍しい学部

  最近では、大学に進学する人の割合が増えてきました。   それに伴い、新しい大学や学部も増え続けています。   その中でも、あまり耳にしない名前の学部や珍しいことを学ぶことができる学部もあります。   今回は、全国にある珍しい学部を紹介します。   京都精華大学マンガ学部   「漫画なんて一度も読んだことがない...