猫の手ゼミナール執筆の書籍が出版されました! 詳細はこちら

大学レポートに写真や画像を入れる際の注意点

 

大学のレポート課題で画像や写真を加えたいと思ったことはありませんか?

 

でも、著作権や注意点などよくわからないという人のために、今日は大学レポートに写真や画像を入れる際の注意点について紹介します。

 

レポート課題の参考にしてください。

 

目次

【大学レポートに写真や画像を入れる目的】

大学レポートを書く際は、グラフなどは入れても、写真や画像はあまり使わないかもしれません。でも、それらをうまく活用することで、読者の興味を引き出し、より詳しい内容が伝わります。

 

大学生の読者は教授なので、文章ばかりで読みにくいからと読んでくれないということはありませんが、教授もやはり人間なので視覚的に見やすいものの方が興味が湧くはずです。

 

教授、授業から決まりがない限り、必要に応じて今回紹介する写真や画像を活用してみてはいかがですか?

 

【大学レポートに写真などを入れる際の注意事項】

写真や画像を挿入するにはいくつかの決まりがあります。これを破ると、盗用になる可能性があるので、十分気をつけましょう。

 

≪著作権について知る≫

 

 

まず、大切なのは、写真や画像など誰かが作り出したものには著作権があるということです。

 

この言葉は誰でも知っていると思いますが、著作物を許可なしに利用・転載することは法律違反になります。それを「著作権侵害」と呼びます。

 

≪引用について≫

 

著作権には、引用という条件があります。

 

これは、別の記事でも何度か紹介したものですが、これを満たせば著作物の許可がなくても写真や画像などを利用することができます。

 

引用の細かいルールは、

 

・明確な主従関係

引用した写真などはあくまでも引用、つまりメインではないということです。

 

レポートの場合だと、レポートがメインで写真はサブ、この関係をはっきりすることが写真の引用で大切です。例えば、引用する写真がたくさんあれば、それはサブではなくメインになり、主従関係がおかしくなります。

 

・引用する理由がある

そして、無駄に引用するのは認められません。

 

引用は、あくまでもレポートの質を高めるための補助的なもので、その写真を引用しなければ説明できないような状況でなければいけません。

 

・出典を明記

写真を引用する際は、その出典元の情報を明確に明記する必要があります。

 

一般的には、著作者名、書名、雑誌名、サイト名、ページ、URLなどを記載します。各、出典の記載方法は異なるので確認してください。

 

・引用とそれ以外を区別

引用した写真などは、他の箇所と明確に区別しなければいけません。引用したものは引用したもの、あたかも自分が撮影したように載せるのはダメです。

 

あと、写真を引用する際は、それに手を加えてはいけません。写真を編集したりするのは改変になるので、著作権侵害に該当する恐れがあります。

 

ここで紹介したのは、写真や画像を引用する際の一般的なルールです。この他にも、歴史的事実やデータ、著作者の死後50年以上経過したものなどは著作物に該当しないケースがあるので、引用する必要はありません。

 

【まとめ】

いかがでしたか?今日は、大学レポートに写真や画像を入れる際の注意点についてでした。ルールさえしっかり守り、正しいやり方をすれば、これまで以上にレポートの質が高まると思います。

 

では、本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

無料相談実施中

\無料相談実施中! /

お探しの記事を検索する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学生の単位取得をサポートするための個別指導を提供しています。

大学や生徒のレベルに合わせたカスタマイズされた学習プランで、単位取得を効果的にサポートします。

生徒とのコミュニケーションを大切にし、彼らの学習の進度や状況を把握することで、適切なサポートを提供できるよう努めています。

目次