大学生向けの学習塾


問い合わせ
03-5771-8226

 大学生向けの学習塾

猫の手ゼミって? | 大学生のための学習塾 猫の手ゼミナール
お問い合わせはこちら

トップページ>猫の手ゼミって?

猫の手ゼミナールとは?

 
大学生の単位取得をサポートするための学習塾です。
大学・生徒個人のレベルに合わせた個別指導によって単位取得をサポートします。
 

猫の手ゼミナールの3つのポイント

point1大学の指導要領に応じた学習計画の作成
大学指導要領と本人の学力を照らし合わせ、その学生にあった単位習得までの学習計画を作成します。
さらに、大学生の学習においてつまずきやすい点や難しい範囲に重点を置き、短い期間で範囲を理解出来るよう指導しています。
point2個別指導による柔軟な対応
「3ヶ月で大学の授業が分かるようになる」をコンセプトに学習していきます。
自分に合ったレベルから勉強をスタートすることが出来ます。また、大学の成績に授業の小テストが成績に含まれる場合など、柔軟に小テストの対策を行います。
point3大学生活と両立できる
バイト、サークルと忙しい大学生の生活に合わせ、週に1度、時間をつくることが出来れば単位を取得できるサポートを行っています。
通学時間をゼロにすることを目標に指導はキャンパスでの通塾による指導ではなく、担当の先生が本人の希望に沿った場所まで伺う形で指導を行います。大学近くの最寄り駅や通学時に通る駅などです。また、通常の家庭教師のようにご家庭での指導も可能です。詳細はお問い合わせください。

猫の手ゼミナール設立の背景


 近年、少子化の影響に伴い、大学全入時代といわれ、筆記試験なしで入学できる大学が増加し、一般的な私立大学の4割は一般入試以外の方法で大学に入学しているといわれています。


 高校までは生徒に分かるための授業でしたが大学では授業ではなく、先生が教えたいことを教える講義に変化します。この為、多くの学生が専門用語が多い大学内容を理解できないまま大学の講義を受けている現状があります。文部科学省のデータによると大学生の5人に1名は中退や留年を経験しているそうです。


《頑張って大学の授業が分かるようになりたい。》

 

そんな大学生のために大学生の学習支援に特化した塾が必要だという経験から設立されました。

猫の手ゼミナールの学生へ

元NECアメリカ社長からのメッセージ

  大学生の皆さんへ。私は、大学卒業後電気メーカーに就職し、人生の半分は技術者として。あと半分は経営者として、40数年、実務の現場で働いてきました。 この間、数回にわたる海外勤務を経験。子育ても経験しました。 そのなかで私の感じた最も大事なことを、お伝えしたいと思います。

 「日本語の“反省”というコトバ」です。 失敗したとき、“反省します”、“反省しろ!”はもとより、“反省ザル” までありますね。日本人はその事によって、何をしなければいけないか(頭を下げて神妙にしているとか)、何を期待しているかは自ずとわかりますね。一方、この日本語の反省にピッタリ当てはまる英語は何だと皆さんは思いますか?実はないのです。その代わり彼ら外国人は、何というコトバを使うのでしょうか?“learnした”すなわち“学んだ”と言うのです! 何というポジティブな発想でしょうか。つまり失敗という経験を糧にして学び成長していくということです。

 外国人に日本人から学んでもらいたいことは山ほどありますが、この一点、“失敗”を“学ぶ”に変えていこうというポジティブさは、日本人は外国人から学ぶべきです。むしろ若いうちにたくさん失敗し、そこからたくさん学ぶことをおすすめします。失敗でくよくよしている暇はないのです。そのように考えると、何度失敗してもくじけない、回復しようという強い精神があたりまえになるのです。大学生になって多くの失敗があると思う。
 
《それでもくじけるな!反発しよう!》

塾長紹介

 高校3年生の冬、当時、推薦入試で医学部への入学が決定していたが、父親が脳出血により急逝し、進学を辞退しコックとして働く。一時期はコックとして働いていたが、「今の自分を変えてみせる」と決意。日中はコックとして働き、夜中は猛勉強の日々を繰り返し、神奈川県内の大学に特待生として入学。

 大学入学後、初めて受けた授業が300人の学生に対して先生1名の一方通行で、教科書を棒読みする授業だったこともあり、日本の大学教育に対して強い危機意識を感じる。その後、大学のジャーナリストに弟子入りし、ジャーナリストして活躍。また、オランダで開催されたMIT(マサチューセッツ工科大学)、ハーバードなどの学生が集まるグローバルリーダーシップフォーラムに特別招待として参加。その後、キャリア講師として、ハーバード大学、プリンストン大学、イエール大学、ニューヨーク大学、東京大学、大阪大学、早稲田大学、慶應大学などの大学生を対象に講演やイベントを行う。指導した大学生数は累計1000名を超える。また、アカデミック講師としても異色の経歴を持つ。

 大学入学後、AOや推薦入試で入学した学生の友人2~3名に勉強を教えていたが、口コミで広がり今では1回の勉強会を開催すれば参加者が100名以上参加するほど。さらに、大学の数学教科書の解説集がなかったので、趣味で作成したところ、数学の教授、学生の双方から評判が非常に良く、解説集の出版まで行い爆発的人気になる。アカデミック講師として指導した学生数は累計1200名以上となる。キャリアとアカデミックサポートの両方を数えると、既に2200名以上の大学生への指導実績を持っている。

猫の手ゼミナールの沿革

猫の手ゼミナールは数学などの理系分野の学習支援から出発した。その後、キャリア教育の分野でも急成長を遂げ、今では全体での累計学生指導数が2500人を超える。

 

2008年   理系科目の受験プログラム開発を始める
2012年   大学生を対象にした学習支援の活動を開始
2013年 上旬 指導した学生数が400名を超える
  上旬 大学生向けキャリア支援の開始
  下旬 キャリア支援で指導した学生数が700名を超える
2014年 上旬 学習支援で指導した学生数が1200名を超える
  上旬 キャリア支援で指導した学生数が1000名を超える
  上旬 学習支援、キャリア支援の指導学生数の累計が2000名を達成
「猫の手ゼミナール」という名称で学習塾を開業
  中旬 個別指導の学生受け入れスタート
  中旬 高校向け講演を開始
  中旬 SNSを利用した学習支援を開始
  下旬 医学部生、薬学部生を対象に学習支援・授業サポートを実施
2015年 上旬 学習支援、キャリア支援の指導学生数の累計が2500名を達成
  上旬 SNSを利用した学習支援の合計が1500件を突破
  上旬 2014年度の受講生の単位取得率が100%を達成
  下旬 アカデミックサポート(単位取得支援の講座)がメインコンテンツになる
  下旬 スカイプ指導の導入と指導エリアを全国に拡大
2016年 上旬 指導している生徒の対象大学が15大学を突破
hibinosann
元NECアメリカ社長 日比野 雅夫(ひびの まさお)
watanabe 塾長 渡邊  峻(わたなべ しゅん)
写真:イベント写真
「もし高校野球部のマネージャーがドラッカーのマネッジメントを読んだら」著者、岩崎先生をお呼びしてのイベント写真
写真:イベント写真
塾長の大学生向け学習支援の様子
写真:イベント写真
マイクロソフトとの講座の様子
トップページ | 猫の手ゼミって? | コラム | コース紹介・料金 | 実績紹介 | よくある質問 | お問い合わせ |

大学生向けの学習塾 猫の手ゼミナール

猫の手ゼミナール
>猫の手ゼミって?
猫の手ゼミナールとは?
大学生の単位取得をサポートするための学習塾です。
大学・生徒個人のレベルに合わせた個別指導によって単位取得をサポートします。
猫の手ゼミナールの3つのポイント

Point1
大学の指導要領に応じた学習計画の作成

大学指導要領と本人の学力を照らし合わせ、その学生にあった単位習得までの学習計画を作成します。
さらに、大学生の学習においてつまずきやすい点や難しい範囲に重点を置き、短い期間で範囲を理解出来るよう指導しています。

Point2
大学の指導要領に応じた学習計画の作成

「3ヶ月で大学の授業が分かるようになる」をコンセプトに学習していきます。
自分に合ったレベルから勉強をスタートすることが出来ます。また、大学の成績に授業の小テストが成績に含まれる場合など、柔軟に小テストの対策を行います。

Point3
大学の指導要領に応じた学習計画の作成

バイト、サークルと忙しい大学生の生活に合わせ、週に1度、時間をつくることが出来れば単位を取得できるサポートを行っています。
通学時間をゼロにすることを目標に指導はキャンパスでの通塾による指導ではなく、担当の先生が本人の希望に沿った場所まで伺う形で指導を行います。大学近くの最寄り駅や通学時に通る駅などです。また、通常の家庭教師のようにご家庭での指導も可能です。詳細はお問い合わせください。

猫の手ゼミナール設立の背景

近年、少子化の影響に伴い、大学全入時代といわれ、筆記試験なしで入学できる大学が増加し、一般的な私立大学の4割は一般入試以外の方法で大学に入学しているといわれています。

高校までは生徒に分かるための授業でしたが大学では授業ではなく、先生が教えたいことを教える講義に変化します。この為、多くの学生が専門用語が多い大学内容を理解できないまま大学の講義を受けている現状があります。文部科学省のデータによると大学生の5人に1名は中退や留年を経験しているそうです。

《頑張って大学の授業が分かるようになりたい。》

そんな大学生のために大学生の学習支援に特化した塾が必要だという経験から設立されました。

猫の手ゼミナールの学生へ

元NECアメリカ社長からのメッセージ

  大学生の皆さんへ。 私は、大学卒業後電気メーカーに就職し、人生の半分は技術者として。あと半分は経営者として、40数年、実務の現場で働いてきました。 この間、数回にわたる海外勤務を経験。子育ても経験しました。 そのなかで私の感じた最も大事なことを、お伝えしたいと思います。
  「日本語の“反省”というコトバ」です。 失敗したとき、“反省します”、“反省しろ!”はもとより、“反省ザル” までありますね。日本人はその事によって、何をしなければいけないか(頭を下げて神妙にしているとか)、何を期待しているかは自ずとわかりますね。一方、この日本語の反省にピッタリ当てはまる英語は何だと皆さんは思いますか?実はないのです。その代わり彼ら外国人は、何というコトバを使うのでしょうか? “learnした”すなわち“学んだ”と言うのです! 何というポジティブな発想でしょうか。つまり失敗という経験を糧にして学び成長していくということです。
 外国人に日本人から学んでもらいたいことは山ほどありますが、この一点、“失敗”を“学ぶ”に変えていこうというポジティブさは、日本人は外国人から学ぶべきです。むしろ若いうちにたくさん失敗し、そこからたくさん学ぶことをおすすめします。失敗でくよくよしている暇はないのです。そのように考えると、何度失敗してもくじけない、回復しようという強い精神があたりまえになるのです。大学生になって多くの失敗があると思う。

《それでもくじけるな!反発しよう!》

元NECアメリカ社長
日比野 雅夫(ひびの まさお)
 

塾長紹介

 高校3年生の冬、当時、推薦入試で医学部への入学が決定していたが、父親が脳出血により急逝し、進学を辞退しコックとして働く。一時期はコックとして働いていたが、「今の自分を変えてみせると決意」。日中はコックとして働き、夜中は猛勉強の日々を繰り返し、神奈川県内の大学に特待生として入学。

 大学入学後、初めて受けた授業が300人の学生に対して先生1名の一方通行で、教科書を棒読みする授業だったこともあり、日本の大学教育に対して強い危機意識を感じる。その後、大学のジャーナリストに弟子入りし、ジャーナリストして活躍。また、オランダで開催されたMIT(マサチューセッツ工科大学)、ハーバードなどの学生が集まるグローバルリーダーシップフォーラムに特別招待として参加。その後、キャリア講師として、ハーバード大学、プリンストン大学、イエール大学、ニューヨーク大学、東京大学、大阪大学、早稲田大学、慶應大学などの大学生を対象に講演やイベントを行う。指導した大学生数は累計1000名を超える。また、アカデミック講師としても異色の経歴を持つ。

 大学入学後、AOや推薦入試で入学した学生の友人2~3名に勉強を教えていたが、口コミで広がり今では1回の勉強会を開催すれば参加者が100名以上参加するほど。さらに、大学の数学教科書の解説集がなかったので、趣味で作成したところ、数学の教授、学生の双方から評判が非常に良く、解説集の出版まで行い爆発的人気になる。アカデミック講師として指導した学生数は累計1200名以上となる。キャリアとアカデミックサポートの両方を数えると、既に2200名以上の大学生への指導実績を持っている。

塾長 
渡邊 峻(わたなべ しゅん)
 

本校の沿革

本校は数学などの理系分野の学習支援から出発した、その後、キャリア教育の分野でも急成長を遂げ、今では全体での累計学生指導数が2500人を超える。

2008年 理系科目の受験プログラム開発を始める
2012年 大学生を対象にした学習支援(アカデミックサポート)の活動を開始
2013年上旬 アカデミックサポートで指導した学生数が400名を超える
2013年上旬 大学生向けキャリアサポートの開始
2013年下旬 キャリアサポートで指導した学生数が700名を超える
2014年上旬 アカデミックサポートで指導した学生数が1200名を超える
2014年上旬 キャリアサポートで指導した学生数が1000名を超える
2014年上旬 アカデミックサポート、キャリアサポートの指導学生数の累計が2000名を達成
「猫の手ゼミナール」という名称で学習塾を開業
2014年中旬 個別指導の学生受け入れスタート
2014年中旬 高校向け講演を開始
2014年中旬 SNSを利用した学習支援を開始
2014年下旬 医学部向けの学習支援・授業サポートを実施
2015年上旬 アカデミックサポート、キャリアサポートの指導学生数の累計が2500名を達成
2015年上旬 SNSを利用したユーザーからの学習支援の合計が1500件を突破
2015年上旬 2014年度の受講生の単位取得率が100%を達成
 

「もし高校野球部のマネージャーがドラッカーのマネッジメントを読んだら」の本を執筆した筆者の方である岩崎先生をお呼びしてのイベント写真

塾長の大学生向け学習支援の様子

 

マイクロソフトとの講座の様子

(C)大学生のための学習塾 猫の手ゼミナール