大学生向けの学習塾


問い合わせ
03-5771-8226

 大学生向けの学習塾

必修科目を2年連続で落としてしまったときには

2017年04月09日

【必修科目について】

 大学にはこの科目の単位を取れないと卒業できないという、必修科目があります。必修科目はその学部の中でも重要な授業であり、しっかりと勉強をして単位を取れるようにしなくてはなりません。場合によっては学年を上がれなくなることもあります。

 

【必修科目を落とした原因について】

 必修科目の成績の付け方はさまざまですが、主にテストでの結果、授業への出席率が重要になります。いくらテストで高成績でも、出席重視としている必修科目では単位を落としてしまうことになります。落とした原因を考える必要があります。

 出席が重要な科目ではしっかりと参加することで対策を行えます。成績が足りなくて落ちてしまった場合は基礎から勉強をしなくてはなりません。大学生向けの塾、猫の手ゼミナールのようなものもありますので、勉強が追い付かない場合は検討してみると良いでしょう。3ヵ月で大学の勉強に追いつけることを目標としているので、基礎を固めて学校の授業の理解を深めることができるでしょう。授業を取りすぎて勉強ができない場合は、カリキュラムの見直しをしましょう。

 

【必修科目のテストの傾向と対策を知る】

 ほとんどの授業にはテストに傾向があります。前学期や昨年出されたテストを入手することによって、どのような問題がテストに出されるか把握することもできるでしょう。以前のテストの内容を知るためにはサークルなどの人脈が重要です。

 大学では同学年以外の人との付き合いも大切です。特に上の学年の人との交流は大切で、同じ学科の先輩がいれば必修科目の過去の問題を入手することもできるようになるでしょう。大学では先生に気に入られることも大切です。授業には積極的に参加して、気に入られるようにしましょう。思いがけないテストのヒントを得ることができるかもしれません。同学年の人も春と秋で別々に必修を受けている場合は、テストの傾向を知っている可能性があります。大学では人付き合いから始まる情報交換は重要なのです。

 

【必修科目は難しいけれども、これからの勉強の基礎となる】

 難しい問題も元をたどればすべて「基礎」の上に成り立っています。難問はそれらを組み合わせたことによる応用問題であるものも多く存在します。大学や自己学習だけでどうしようもない場合は個別指導を検討しましょう。

 最近の個別指導はSNSを利用した学習支援も行っています。塾というと通うものだと思っている人もいるかもしれませんが、パソコンとネットワーク環境があれば授業を受けることもできるのです。個別指導は自分のペースで学ぶことができますので、わからないところは重点的に学習し、基礎力を高めていくことができます。勉強がわかるようになれば大学の授業ももっと楽しく学ぶことができるようになるかもしれません。勉強はあきらめずに続けることが大切です。

トップページ | 猫の手ゼミって? | コラム | コース紹介・料金 | 実績紹介 | よくある質問 | お問い合わせ |

大学生向けの学習塾 猫の手ゼミナール

猫の手ゼミナール
>コラムページ詳細
必修科目を2年連続で落としてしまったときには
2017年04月09日

【必修科目について】

 大学にはこの科目の単位を取れないと卒業できないという、必修科目があります。必修科目はその学部の中でも重要な授業であり、しっかりと勉強をして単位を取れるようにしなくてはなりません。場合によっては学年を上がれなくなることもあります。

 

【必修科目を落とした原因について】

 必修科目の成績の付け方はさまざまですが、主にテストでの結果、授業への出席率が重要になります。いくらテストで高成績でも、出席重視としている必修科目では単位を落としてしまうことになります。落とした原因を考える必要があります。

 出席が重要な科目ではしっかりと参加することで対策を行えます。成績が足りなくて落ちてしまった場合は基礎から勉強をしなくてはなりません。大学生向けの塾、猫の手ゼミナールのようなものもありますので、勉強が追い付かない場合は検討してみると良いでしょう。3ヵ月で大学の勉強に追いつけることを目標としているので、基礎を固めて学校の授業の理解を深めることができるでしょう。授業を取りすぎて勉強ができない場合は、カリキュラムの見直しをしましょう。

 

【必修科目のテストの傾向と対策を知る】

 ほとんどの授業にはテストに傾向があります。前学期や昨年出されたテストを入手することによって、どのような問題がテストに出されるか把握することもできるでしょう。以前のテストの内容を知るためにはサークルなどの人脈が重要です。

 大学では同学年以外の人との付き合いも大切です。特に上の学年の人との交流は大切で、同じ学科の先輩がいれば必修科目の過去の問題を入手することもできるようになるでしょう。大学では先生に気に入られることも大切です。授業には積極的に参加して、気に入られるようにしましょう。思いがけないテストのヒントを得ることができるかもしれません。同学年の人も春と秋で別々に必修を受けている場合は、テストの傾向を知っている可能性があります。大学では人付き合いから始まる情報交換は重要なのです。

 

【必修科目は難しいけれども、これからの勉強の基礎となる】

 難しい問題も元をたどればすべて「基礎」の上に成り立っています。難問はそれらを組み合わせたことによる応用問題であるものも多く存在します。大学や自己学習だけでどうしようもない場合は個別指導を検討しましょう。

 最近の個別指導はSNSを利用した学習支援も行っています。塾というと通うものだと思っている人もいるかもしれませんが、パソコンとネットワーク環境があれば授業を受けることもできるのです。個別指導は自分のペースで学ぶことができますので、わからないところは重点的に学習し、基礎力を高めていくことができます。勉強がわかるようになれば大学の授業ももっと楽しく学ぶことができるようになるかもしれません。勉強はあきらめずに続けることが大切です。

(C)大学生のための学習塾 猫の手ゼミナール