大学生の間で流行しているカラ勉とは?

2018年02月03日

大学生の勉強は大変

 

 大学生の皆さん、試験の前や普段の課題の勉強はどこでやっていますか?自宅で勉強している人、カフェや大学や街の図書館で自習している人は多いと思います。

 

大学生の間で、「カラ勉」というユニークな勉強方法が非常に人気を集めています。今回は、そのカラ勉について書きます。

 

【大学生の勉強場所と言えば、カフェや自習室】

自宅での勉強に集中できなくなった時、環境を変えてみるなどある程度の環境の変化が必要になります。

 

人によっては周りの音があると集中できない人や、逆に静かすぎるとかえって集中できなくなるという人がいます。

 

一般的な学生の勉強場所として知られているのが、スターバックスなどのカフェ、大学や街の図書館(自習室を含む)です。

 

まず、カフェにはスマートフォンやパソコンを充電できるスペースがあったり、無料でインターネットを使えるなど、インターネットを使って勉強することが多い大学生には最高の環境です。

 

コーヒーもあるので、カフェインを摂って集中力をアップさせることもできますね。

 

そして、誰でも無料で利用できる図書館も非常に人気の勉強場所です。

 

周囲も非常に静かで勉強している人も多いことから、集中して勉強に取り組めます。何か調べ物をしたい時には図書館のパソコンや本を使って、情報収集できるのも便利ですね。

 

ただし、何も良いことばかりではなくデメリットもあります。

 

それが、カフェで勉強する場合の長時間滞在です。基本的に営業時間内であれば店内で勉強をしてても構いませんが、常識的にドリンク一杯だけであまりにも長時間滞在するのは店側の迷惑となることがあります。

 

また、カフェ自体も長時間の滞在をお断りする場合もあるので、時間の確保には限界がありそうです。混雑している時間帯などでは、長くても数時間が常識の範囲内と言ったところでしょうか。

 

【大学生の新しい勉強場所はカラオケボックス】

 

熱唱する大学生

 

大学生の勉強場所として主流のカフェや図書館にはある程度の限界があります。

 

そんな中、今学生の間で非常に注目を集めているのがカラオケボックスで勉強をする「カラ勉」というスタイルです。カラオケボックスの「カラ」を取ってカラ勉と呼ばれています。

 

「カラオケボックスで勉強なんて集中できない!」、「そもそもカラオケをしなくてもいいの?」など多少疑問に思うこともあるかもしれませんが、ここからはカラ勉の特徴について紹介します。

 

≪カラ勉の特徴その1:個室≫

カラオケボックスは広い部屋から数人程度の小さな部屋まで様々です。

 

一人で行く場合は、こじんまりとした小さな部屋になることが多く、いずれにしてもカフェや図書館ではあり得ない個室という大きなメリットがあります。

 

カフェなどの長時間滞在をよく思わない人がいる中で、外で勉強をする場合にある程度周りの目というものが気になることでしょう。

 

周りの目が気になるあまり、カフェなど勉強には最適の場所であっても、結果的に集中できないという人もいます。

 

カラオケボックスであれば、個室なので周りの目を一切気にすることなく勉強ができます。疲れた時には、軽くストレッチなどをしても誰も気にしません。

 

また、カラオケボックスは基本的に防音効果があるので、モニターを消せば非常に静かな環境が作れますよ。

 

≪カラ勉の特徴その2:効率的に休憩できる≫

7~8時間など、長時間勉強をしていたら徐々に集中力は切れてしまいますよね。長時間勉強する場合は、適度に休憩を挟むことでさらに学習の効果が高まります。

 

個室で誰もいないカラオケルームなので、疲れた際は少し横になって寝転がってもいいですし、気分転換したい時は一曲くらいカラオケで歌ってみるのもいいですね。

 

パーッと大声を出すことで、人間はストレスを発散できるので、勉強する大学生にとっては最高の条件です。

 

≪カラ勉の特徴その3:学生に優しいリーズナブルな料金≫

大学生は、1日の多くを勉強の時間に費やすこともあります。学生はお金に余裕があるわけではないので、勉強をする際のかかる費用は重要です。

 

カラオケボックスなら、フリータイムでも1000円程度で利用できることもあるので、お金のない学生には理想です。

 

また、ほとんどのカラオケボックスではフリータイムなどプランにソフトドリンクも含んでいるので、実際の料金以上の価値がありますよ。

 

カラオケボックスによっては、会員になることで定期的にクーポンや割引が受けられたりと日頃利用することでさらにお得になります。

 

≪カラ勉をする際の便利アイテム≫

カラ勉には多くの利点がありますが、カラオケボックスならではの不便な点も存在します。ただ、それらを事前に把握しておいてしっかりと準備すれば全く問題ありません。

 

まず、いくら防音効果があるといはいえ勉強をするのに音が気になることもあるでしょう。そんな時は、イヤホンや耳栓をオススメします。

 

そして、カラオケルームは基本的に薄暗く設定されているので、手持ちの小さなライトなど勉強をするのに支障が出ないものも必要でしょう。

 

長時間いるとスマートフォンのバッテリーが切れてしまうこともあるので、モバイルバッテリーもあるといいですね。

 

【まとめ】

今回は、大学生にとって新たな勉強場所であるカラオケボックス「カラ勉」をについてでした。

 

自宅やカフェなどであまり勉強が捗らなかったという学生は、ぜひ一度カラ勉を試してみてください。